DIY

お部屋に絵を飾ろう!知っておきたい5つのメリット

「絵」の飾ってあるお部屋。それは、暮らしを楽しんでいる人の部屋、というイメージですよね。なかなか気持ちの余裕がないと、お部屋に絵を飾ろうと思わないかもしれませんが、実は絵を飾ることは、とってもメリットがあるんです。高い絵画である必要はないので、本当に自分が好きな絵をインテリアとして飾って楽しむ、その5つのメリットをご紹介します。

メリットその1:部屋が片付き、無駄な買い物が減る

image by iStockphoto

絵を飾るためには、部屋の雰囲気作りが大切です。
照明や家具の配置、それからすっきりと絵が見られるように、不要なカレンダーや細々した小物雑貨などを整理したくなります。
絵を中心としたインテリアが完成すれば、“絵を飾った部屋に合うか?”が買い物をするときの判断基準になりますので、ついつい買ってしまっていた衝動買いも減らすことができます。

部屋がすっきりとして、無駄な買い物も減らせれば、一石二鳥ですね。

メリットその2:部屋が広くなる

image by iStockphoto

自分の好きな「絵」を飾るだけで、部屋の印象が全く違ったものになります。
実際には変わりませんが、部屋も広くなったような感じがします。
それは、ただの白い壁だったところに絵を飾ることによって、視覚的に奥行きが出るからです。
また、「絵」が想像させる世界が、イメージとしてお部屋の空間につながるので、より広く感じるのかもしれません。

メリットその3:会話が弾む

image by iStockphoto

飾る絵は、決して高価な絵である必要はありません。
それよりも、自分が本当に好きな絵を選んで飾ることのほうが重要です。
そこにあなたの趣味や嗜好が表れるので、友達やお客様をご招待したときに、会話のきっかけにもなります。
どうしてこの絵を選んだの?どこで購入したの?など、絵から会話が広がります。

絵が飾ってあることで、センスを認めてもらえたり、会話が弾んで、親睦を深めるきっかけにもなりそうです。

メリットその4:リラックス効果がある

image by iStockphoto

海外では、部屋に絵を飾って楽しむことは一般的だそうですが、日本ではそこまでではないかもしれません。
でも、昔は床の間に季節に合わせた掛け軸を飾ったりしていたので、日本にも、自宅で絵を鑑賞する文化はありました。
油絵、水彩画、水墨画、浮世絵、ポップアートなど、ジャンルは何でもいいと思います。
季節によって、絵を変えても良いかもしれません。
とにかく、自分の好きな絵が飾ってある、それだけで居心地の良い空間が作られるのです。
忙しい毎日の中、ほっと一息ついてリラックスできる部屋を、飾られた絵が演出してくれると思います。

メリットその5:発想力や色彩感覚を養う

image by iStockphoto

特に子供部屋に絵を飾ることは、発想力や色彩感覚を養う上で、とても効果的です。
できれば、ゴッホやモネ、シャガールやピカソ、クリムトなど、名画と言われる絵の複製画を、差し替えながら飾ってあげるのをおすすめします。
日本が世界に誇れる浮世絵も、斬新な構図や表現で、発想力や感性を鍛えてくれると思います。
子どもは、柔らかい頭で、どんどん色んな情報を吸収している時期。
本物の絵を見ておくことは、きっと将来の栄養になるはずです。

お気に入りの絵を入手する方法

image by iStockphoto

絵は高価というイメージがありますが、それは原画(オリジナル)のことで、実はそんなに高くないのです。
アート初心者さんにオススメなのが、複製画。
複製画なら、モネの絵が1万円以下の値段で購入できたりします。
1万円以下で買えるインテリアとしての、費用対効果は最高です。
美術展などを観に行くと、ミュージアムショップで、展示作品の複製画が販売されていることも良くあります。
お気に入りの絵に出会えたら、そこで買ってみるのも良いと思います。
また、デパートのインテリアフロアや、最近ではアクタスやIDEEなどのインテイリアショップでもオリジナリティのある素敵な絵が販売されています。
価格も良心的で、種類も豊富です。

自分だけのオリジナルの作品が欲しい場合は、若手アーティストの個展やアートフェアに足を運んで、お気に入りの絵を探す方法もあります。
有名アーティストの作品を購入するのは、なかなか難しいですが、若手アーティストのみずみずしい作品と出会って、その将来性に投資するのも、また楽しいかもしれません。

絵を飾って癒しの空間を手に入れる

image by iStockphoto

絵を飾ることで、無駄遣いが減ったり、部屋が広くなったり、会話がはずんだり、リラックスできたり、いろいろなメリットがあることが分かりました。
ただインテリアとして飾る以上の、意味がありそうです。
なかでも大切なことは、自分の本当に好きな絵に出会うこと、決して高価な絵である必要はないことも分かりました。

飾り方は、額縁に入れて飾っても、壁面に立てかけるだけでも、たくさんの絵をディスプレイするのでも、お好みに合わせて自由に飾っていいと思います。
フレームは、ニトリや無印良品など、プチプラショップでも購入できます。
ぜひお気に入りの1枚に出会って、お部屋を素敵な癒し空間にセンスアップしてみてくださいね。
Share: