DIY

どうしてお店のピザってオイシイの?プロのお店から盗む秘密(IKEA編)

本格的なレストランで食べる「ピザ」ってどうしてこんなにおいしいんでしょう。プロの味が自宅でも再現出来たら最高なんだけどなぁ~。プロの味を盗むのは大変ですが、自宅で食べる「ピザ」をもっとおいしくすることは出来るんです。自宅に石釜?必要ありません。ちょっとの工夫で劇的に「ピザ」が進化します。お金をかけずに気軽にIKEAで揃う照明から試してみませんか?

どうしてお店の「ピザ」はオイシイの?

プロのお店は、照明が違うんです。
照明が食べ物に与える効果って絶大なんです。
照明が与える効果で、食べ物の味が左右されるって知っていましたか? レストランでは、全般照明(部屋の明るさ)と部分照明(料理を目立たせる)のダブルで計算された照明を使っているから、食材の色ツヤが違うんです。
人は、視覚からも美味しさを感じるようになっているから、レストランの「ピザ」が美味しいんです。

お店の「ピザ」をオウチで食べると?

こんな経験ありませんか?お店食べた「ピザ」は美味しくて、ついついお土産にしてしまったこと。
同じ「ピザ」をテイクアウトしたはずなのに?レストランで食べた方がおいしかった。
何でだろう?レンジで温めたから? それは、自宅の照明が原因だったんです。

まずは自宅のダイニング照明のチェックから!

あなたのオウチのダイニング照明ってどうなってますか?丸いカバーに覆われていてわからない人は、照明の交換の時に、チェックしてみましょう。
白っぽい光の「蛍光灯」だったら、「ピザ」は美味しくなりません。
蛍光灯はフラットな光なので、食べ物の厚みが作れないんです。
美味しい「ピザ」を食べるには、電球を変える必要があるんです!

照明はダブル使いが効果的!

お店の照明を作るには、全体照明と部分照明のダブル使いをすると効果的です。
お店の照明って自宅の照明とは違いますよね?オシャレなフロアランプ、可愛いペンダントライト。
これには、ちゃんと意味があるんです。
オシャレなフロアランプで、落ち着ける雰囲気を作る。
ペンダントライトで、食事に集中出来る雰囲気を作る。
フロアランプ(全体照明) 落ち着いた雰囲気作り、リラックスさせる効果があります。
ペンダントライト(部分照明) 食べ物の色ツヤを良くし、食事に集中させる効果があります。
これを気軽にオウチで再現するには、次の2ステップで出来ます。

STEP1 全体の雰囲気を変えよう!(全体照明)

フロアランプで全体の雰囲気を変えてみましょう。
全体を照らす照明を「オレンジ」の色にするだけで、全体的に温かい雰囲気が作れます。
「白い」光よりも、「オレンジ」の光の方が温かく感じませんか?その視覚をオウチにも取り入れましょう。
IKEAのフロアランプHOLMÖなら、¥ 999(税込)で手に入るので、プロの照明使いをマネしてみたいという方にオススメです!

STEP2 食事に集中出来る照明にしよう!(部分照明)

次にペンダントライトを使って、「食事」に集中出来る空間を作ります。
ペンダントライトの電球は、クリアタイプを選ぶましょう。
食べ物の色ツヤが増します。
IKEAのペンダントランプMELODIも、¥ 999(税込)で手に入るので、フロアランプと一緒に購入しちゃいましょう♪

まとめ

オウチでレストラン味の「ピザ」を再現するためには、 ・フロアライト(オレンジ電球) ・ペンダントライト(クリア電球) 照明のダブル使いと電球選びがポイントでした。
IKEAなら、2つ揃えても2000円以内ではじめられます。
オウチ「ピザ」を美味しくしてみませんか?
Share:
MrsAida