DIY

100均の観葉植物をおしゃれに飾るコツ&元気な植物の選び方のポイント♪

100円ショップで売られている様々な種類の観葉植物は、ミニサイズで育てやすそうな可愛いものが多いですよね♪流行の多肉植物やエアープランツを飾って、お部屋をおしゃれに模様替しませんか?丈夫な観葉植物を選ぶときのポイントや、初心者さんにも育てやすいおすすめの植物を知っていると、グリーンをインテリアに取り入れやすくなりますよ♪100均の植物を室内におしゃれに飾るガーデニングアレンジの方法をご紹介します♪

100均の植物をおしゃれに飾りたい!

地域のお花屋さんやホームセンターで売っている植物はステキなものが多いのですが、お値段がちょっとだけお高め…。
100円ショップで売っている小さな植物をおしゃれに飾って、100均で買ったとは思えないくらいに可愛くアレンジするのがお財布にも優しくて嬉しいですよね♪ 100均で植物を買うときのポイントを知っていれば、長く育てる楽しみもあり、インテリアにも生かしやすいですよ。

植物を選ぶポイントは「太さ」と「根の強さ」

植物を買うときに重要になるのが、元気で育てやすい植物の選び方。
店頭には同じ鉢に同じ種類の植物が並んでいることが多く、どれを選んだらいいのか、という基準が分かりにくいことが多いですよね。
弱った植物は枯れやすく、かといって育ちすぎた植物も成長にエネルギーを使っているため、病気にかかりやすいといった問題点があります。
なるべく株の太さが十分で、かつ根本がぐらぐらしていないものを選ぶようにしましょう。

オススメの観葉植物は「パキラ」と「ガジュマル」

比較的丈夫で育てやすい植物だと言われているのが、パキラ、ガジュマル、ヤシ、ドラセナ、モンステラといった株ものの植物。
土の表面が乾いたら水をやる程度でよく、育てる手間がそれほどかかりません♪ 直射日光は葉がやけてしまうので、カーテン越しに置くくらいの光がある場所に飾りましょう。

多肉植物は「アロエ」「カランコエ」がいいよ♪

多肉植物の中でもアロエ、カランコエといったよく目にする植物は育てやすく人気です。
多肉植物は瑞々しい見た目のわりに、乾燥と日光を好みます。
枯らしてしまう人の多くは、水をあげ過ぎたことによる根腐れが原因なのだとか…。
鉢のなか全体の土が乾いて数日たってから、たっぷり水やりをしましょう。
また、こちらも直接日光や雨にさらされないスペースで育てた方が無難です。

飾るときは「背の高さ」や「ツルの長さ」を基準にしよう

植物を複数飾るときのポイントは、まずメインになるものを決めて正面や目に入りやすい位置に置きましょう。
その上で背の高いものを後ろに配置し、ツタ類などのツルが長く垂れる植物を添えると上手にまとまります!

100均グッズと組み合わせておしゃれに演出しよう♪

鉢に使うアイテムは、鉢以外に計量カップやメイソンジャーとった食器類も活用できます。
その際、底に穴の開いているものには土を盛って観葉・多肉用に、穴の無い容器は観葉植物用に使うのがおすすめです♪ 水やり後には鉢を傾け、余分な水分を捨てると根腐れの予防になり、プランターを清潔に保つことができます。
木製フォトフレームといった日常のいろいろなアイテムも、内部にセロファンを敷いて水分を遮断すると腐敗を防ぎ、鉢として利用できるようになりますよ♪ また、マスキングテープや麻ひもでオシャレにデコレーションするのもおすすめです! 100均の観葉植物を上手に飾って、おしゃれなお部屋にアレンジしてみてくださいね♪
Share:
kurokimisa