DIY

カメラのレンズカバーにも使える!ハーゲンダッツのフタの意外な活用法5選

アメリカ発の高級アイスクリームブランド、ハーゲンダッツ(Häagen-Dazs)。大人のためのアイスとして知られ、最近はミニカップのファミリータイプが人気♪コンビニでも様々な味が展開されており、季節限定フレーバーは発売のたびに話題を呼びますよね。そんなハーゲンダッツのアイスのフタが、意外なことに活用できるって知っていましたか?しっかりしたプラスチックのフタならではの、賢い使い方5選をご紹介します!

おいしいハーゲンダッツ♡

子供のものだったアイスクリーム業界に、「大人のためのアイスを」という新しい考えを打ち出した高級アイスクリームブランド、ハーゲンダッツ(Häagen-Dazs)。
季節ごとに新しいフレーバーが発売されるほど凝った味もさることながら、しっかりした造りのプラスチックのカップも高級感があって素敵ですよね。
実はハーゲンダッツのフタは、あるものにとっても便利なんですよ。

フタがカメラのレンズキャップにぴったり…!!

なんと、ハーゲンダッツのフタがカメラのレンズキャップにぴったりだと話題になっているんです…!
ハーゲンダッツのフタは、72mmのレンズキャップとほぼ同じサイズ。
カポンと丁度よくはまります。
ごついカメラの先端にチープなアイスのフタが付いている姿は、愛嬌があって可愛らしいですよね♪
フィッシュアイレンズという、特殊なレンズにもジャストサイズ!

ファミリーセットの方のフタもぴったり

ファミリーセットのひとまわり小さなカップのフタは、58mmのカメラにぴったり。
ちなみにチップスターのフタは、67mmのカメラのレンズ径と同じサイズなので、こちらも活用できるんです。

上級者感を醸しだせる

ハーゲンダッツのフタをレンズキャップに使っていると、レンズを失くしてしまうほど写真を撮っている(?)という見た目のインパクトを与えられます。
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa