インテリア

北欧風布小物の素材になる♡はぎれを『ファブリックロープ』にリメイク

手芸をするときに余ったはぎれが家にありませんか?もし使いきれなかった生地やいらなくなった服やハンカチが残っているなら、捨てずに『ファブリックロープ』にリメイクするのがおすすめですよ♪ファブリックロープは、コースターやマットなどの北欧風の布小物を手作りするときの素材として使えます。余り布を加工することでインテリアに活用しやすくなるので、DIYの幅が広がりますよ!ぜひ手作りしてみてくだいね♪

このハンドメイドに必要な材料

  • はぎれ(あるだけ)

このハンドメイドに必要な工具

  • ハサミ

『ファブリックロープ』を手作りしよう

長めに裂いた2本のはぎれをより合わせることによって作れる『ファブリックロープ』は、おしゃれなファブリックリボンや、布製のインテリア作りにも活用できる便利な素材。
作り方を覚えて、DIYの幅を広げましょう♪

ファブリックロープの作り方①:2枚のはぎれをこよりにする

余り布や捨てる予定の服を裂き、長めのヒモ状の布を作ります。
2本のはぎれの端がほどけないように球結びして、”こより”のようにより合わせます。

ファブリックロープの作り方②:はぎれを継ぎ足していく

はぎれが短くなったころに、もう一本のはぎれを足して、さらにより合わせていきます。

ファブリックロープの作り方③:繰り返して長いロープを作る

②を繰り返し、長いロープ状にしていきましょう。
長ければ長いほど、インテリアにリメイクしやすくなります。

動画でも手順を確認!

こちらの動画を参考にしながら作っていくと分かりやすいですよ!

こんなロープが作れるよ♪

長くしたロープは、このようにボビン代わりになるものに巻いていくと、後々使いやすいです。
これだけでもお部屋に置いておくだけで、北欧風の小物らしくなります♪

みんなのファブリックロープの活用法

手作りしたファブリックロープを使ったら、どんなものが作れるのかご紹介していきます。
プレゼントにファブリックロープをしばって、メッセージカードをはさめば楽チンに可愛いラッピングができますよ♡
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko