DIY

吊るしておしゃれにガーデニング!ハンギングバスケット活用術!

ベランダや玄関など、小さな隙間のスペースを活用して観葉植物を飾っている人は多いのでは?プランターを床置きするよりも、吊り下げる「ハンギングバスケット」なら省スペースに、かつおしゃれにガーデニングが楽しめますよ♪お庭に置けばイングリッシュガーデン風になり、見た目も華やかに演出できます!外階段の手すりや門、外灯に吊るすのもおすすめです。春に向けてハンギングバスケットを活用してみませんか?

吊るすガーデニングっておしゃれ♪

広いお庭がなくても、プランター栽培で季節のお花を楽しんでいる人は多いですよね。
ですが、プランターだと床置きになり、台の上に置いても少しかがまないとお花が見えにくいことも。
その点、吊るすガーデニングなら目線の高さで植物の姿が楽しめ、プランターと組み合わせれば空間にリズムが生まれます。

「ハンギングバスケット」を活用しよう

吊り下げるガーデニングで必要なのが「ハンギングバスケット」と呼ばれるアイテム。
鉢にチェーンがついており、植物を吊るして楽しむことができます。

ベランダや塀に取り付けられる!

ハンギングバスケットは、ベランダの手すり部分に引っ掛けたり、塀に取り付けたフックに引っ掛けて植物を飾れますよ。
植物を寄せ植えすることもできるので、ひとつのバスケットの中に数種類のお花を植えることもできます! プランターと組み合わせれば、足元と目線の高さで植物の姿を楽しむことができますね♪

門や外階段を飾ってもいいね

家の門や外階段にも、ハンギングバスケットはピッタリ。
ボリュームのある植物を飾って、お家の入り口を豪華に飾りましょう。
季節によって植える植物を入れ替えれば、外を通る人にもキレイな植物を楽しんでもらうことができそうですね。
1個500円程で購入することができるので、お財布にも優しいハンギングバスケット! さっそく活用して、ガーデニングをもっと楽しもう♪
Share:
takasho