DIY

余った紙コップで子供のおもちゃを手作り♪飛ばして遊べるロケットの作り方

クリスマスパーティーや、年末年始の忘年会や新年会で使った紙コップが余っていませんか?紙コップを使ったクラフトで、子供が遊べるおもちゃを手作りできるんですよ♪飛ばして遊べる「紙コップロケット」なら、元気な男の子でも楽しめるのでおすすめです!材料も紙コップと輪ゴムがあればオッケー!家庭にあるものだけで簡単に手作りできちゃいます。ぜひ子供と一緒に紙コップロケット作りに挑戦してみてくださいね♪

余った紙コップを活用しておもちゃを作ろう!

子供のころ、紙コップを使ってロケットのおもちゃ作りをしませんでしたか? 年末年始のパーティーで余った紙コップを使って、オリジナルのおもちゃ作りに挑戦しましょう!

材料は、輪ゴム+紙コップ!

紙コップに十字に切れ目を入れ、輪ゴムを2つ使っロケットを発射させる仕組みを作ります。
家庭にあるものだけで作れるので、わざわざ材料を買いそろえなくてもいいんですよ♪ もし家になくても、材料はすべて100円ショップで揃えることができます。

紙コップロケットの作り方

輪ゴムを通した紙コップがロケットの本体になり、もうひとつの紙コップを土台にして飛ばします! 特別な工具もいらず、切れ目を入れるハサミさえあればオッケーですよ。

ペイントしてロケット感を出そう!

仕組みを作ったら、ロケットや土台の紙コップに色を塗りましょう。
オリジナルのロケットをデザインすると面白いですよ!

ぴょんぴょんはねるカエルも作れるよ♪

ロケット以外に、ピョンピョンとはねるカエルにしちゃうのも可愛いですよ♪ 紙に絵を書いて貼る方法も簡単ですよ♪ 紙コップは曲線で描きにくいので、小さいお子さんにはこちらの方法がオススメです!

ウサギさんなら女の子も楽しめそう♪

可愛いウサギさんのデザインなら、女の子でもロケット作りを楽しめそうですね♪ 子供と一緒に取り組めるので、ママにおすすめの工作です。
みんなで手作りして、高さを競い合って遊んでみてくださいね♪
Share:
kurokimisa