DIY

2月3日の節分は手作りグッズで盛りあがろう!鬼のお面や豆入れ箱の作り方

2月3日は節分の日。厄払いし、家の中に福を招き入れる昔ながらの行事です。「鬼は外、福は内」と言いながら、鬼役に豆を投げて家族や友達同士で盛り上がれる日でもありますよね♪今年の節分は、オリジナルのグッズを手作りして迎えてみませんか?鬼のお面や豆入れ箱になる枡のほかに、小さな鬼の雑貨も手作りしてみましょう。暮らしに季節感を取り入れられますし、子供たちと一緒に工作すればより節分の日が楽しみになりますよ♪

節分グッズを手作りしよう♪

2月はじめの行事といえば「節分」。
子供たちと一緒に豆を投げて楽しめ、恵方巻きを食べて家族団らんできる日でもあります。
今年の節分はグッズを手作りして、いつもよりワクワクした気持ちで迎えてみませんか?

節分グッズ①:お面

節分に欠かせないのが鬼のお面。
紙を工作して手作りのお面を作ってみましょう!

紙皿を活用しよう

お面は紙皿でも作ることができます。
頭に取り付けるには、切れ目を入れて輪ゴムを耳に引っ掛けるほかに、紙で輪っかを作って、ヘアバンドのように頭に巻く方法があります!

紙袋の鬼人形に豆を投げよう!

豆を投げつけられるのは、案外痛いもの…。
鬼役の人を作らなくても、紙袋を活用して鬼の人形を作って的にすれば平和ですね♪

節分グッズ②:豆入れ箱

節分の豆である大豆を入れるのに必要なのが枡。
木の枡も風情があって素敵ですが、あまった折り紙や新聞紙を使って手作りすればエコですよ♪

折り紙の枡の折り方

枡の折り紙は、簡易ゴミ箱にもなるので覚えておくと便利ですよ! 鉛筆削りのカス入れに使う人が多いようです。

節分グッズ③:鬼の折り紙

子供と一緒に折り紙で鬼を手作りしましょう! 折ったあとは、顔を描いて楽しめますよ。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko