インテリア

ラッピングにおすすめ!話題のロウ引きで紙袋をオシャレにDIY♪

お昼の情報番組「ヒルナンデス」でも紹介され、いま話題の100均でできるDIYの「ロウ引き」って知っていますか?ロウ引きとは紙袋などに削ったロウソクを溶かしてコーティングすることです。このロウ引きをすることでアンティーク調のオシャレな紙袋になり、プレゼント用のギフトラッピングは勿論、丈夫で防水に強く、野菜袋や植木鉢カバーとしても使えます!今回は100均の紙袋を簡単にロウ引きできるDIYを紹介します。

このハンドメイドに必要な材料

  • クラフト紙袋
  • ろうそく
  • クッキングシート

このハンドメイドに必要な工具

  • アイロン
  • カッター

100均の紙袋とは思えないアンティーク感♪

100均ショップにある、紙袋にロウ引きをするだけで、オシャレでとアンティーク風の存在感がある紙袋に変身します。
特別な工具などは必要なく、家にあるもので簡単にできます! それでは早速作ってみましょう♪

材料

これらは、全て100均ショップで手に入ります。
クラフト紙袋は1セットで5枚ほど入っており、シンプルな紙袋から柄入りのもの、バッグタイプのものなど色々ありますが、どのタイプでもロウ引きできます!お好きなタイプの紙袋を選んでください♪ ロウソクは一つの紙袋につき、二本あれば充分です。
こちらのロウソクも100均ショップで1セットで40本以上入っているものがあります。
このロウソクはカッターナイフで削るので、キャンドルタイプのものより、仏壇に使用するタイプがオススメです♪

作り方

まずはクラフト紙袋を用意します。

ロウソクを削ろう

紙袋の上にロウソクを削り、まんべんなく散りばめます。
アイロンで溶かすと広がるので片面につき1本のロウソクがあれば十分です♪

アイロンで溶かす

紙袋の下と削ったロウソクの上に一枚づつクッキングシートを敷きます。
そして、その上からアイロン(低温)をかけると、すぐに紙袋全体に溶けたロウが広がります。

ロウ引き完成!

これを両面行い、紙袋全体にロウが染みわたり、キツネ色になればロウ引きは完成です。
ロウはべたつかず、すぐに固まるので、ドライヤーで乾かしたり、長時間放置する必要はありません♪
次のページを読む
1 2
Share: