DIY

収納棚を横置きすると”ベンチ”になる!真似したいカラーボックス活用法♡

収納に便利な、シンプルなカラーボックス。普通は縦置きして高さのある収納棚として使うものですが、横置きするとベンチソファになるって知っていましたか?簡単にお部屋の雰囲気が変えられ、収納力のあるベンチが激安で作れるとっても便利なリメイク方法なんです♪椅子としての高さもちょうど良く、クッションをたくさん置けば背もたれのないシンプルな手作りベンチチェストになります!ぜひマネしてみてくださいね♪

普通は縦置きで使うカラーボックス

高さのあるシンプルなカラーボックスは、収納にとっても便利! 本棚にしたり、クローゼット中の収納に活用したりできますよね。
ですが、例えば今のお部屋にちょっとだけ飽きて模様替えをしたいときや、引っ越してお部屋の雰囲気が合わなくなった場合、処分するにも粗大ごみになってしまうので、困ってしまいますよね…。

横置きにすると『ベンチ』になるんです!

なんと、カラーボックスは横置きするとベンチシェルフになるんです! 意外と気づきにくいですよね。
これなら簡単なので、家にあるシェルフを今すぐベンチにDIYすることができそうです♪

ボックスを入れれば引き出しもできる!

シェルフのサイズに合うボックスを入れれば、引き出しが作れます! ボックスを入れない部分も作って、リズムを生むとお部屋がおしゃれになりますよ♪

クッションを置けば座れそう♪

ベンチシェルフの上にお気に入りのクッションをポンポン設置してみましょう。
座ったときの座布団にしたり、背もたれにできたりして便利ですよ。

マットを作ればソファにしか見えない!

丁度いい大きさのマットを置けば、完璧なベンチソファのできあがりです!

窓辺にもソファが置ける!

ベンチソファには背もたれがないので、窓辺の高さよりも低ければ窓を遮ることがありません。
今まで家具を置きにくかった場所にも収納スペースが生まれ、さらに日当たりのいい場所にリラックススペースができるので、一石二鳥ですね♪
サイドのカラーボックスは立てて使って、真ん中だけ横置きする技! 窓を囲むようにすると、窓側の壁にも最大限の収納スペースを作ることができます。
おもちゃなど、しまうものが多い子供部屋にピッタリ♪
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa