DIY

カップに着せる洋服『コーヒーコージー』が保温効果があってかわいいよ♡

冬になるとコンビニやコーヒーショップのテイクアウトのコーヒーを頼む機会が多くなりますよね。寒い道を歩きながら片手でホットコーヒーを持ち、ほっと一息つく時間が幸せ♪ただ紙のカップの場合、熱くて持ちにくい!なんてことも…。そんな時に便利なのが『coffee cozy(コーヒーコージー)』と呼ばれるかわいい雑貨。 カップに着せる洋服のようで、持ちやすくなる上に保温効果もあります。手作りするのも簡単です♪

ホットコーヒーの季節♡ただ、カバーがないと熱くて持てない…

チェーン店のコーヒー屋さんやコンビニコーヒーで、温かい飲み物をテイクアウトすることが多くなる季節。
ただ、カップのままだと熱くて持てない! 専用のカバーをつけてくれることもありますが、配っていない事も多い… もらったとしても大抵使い捨ててしまうので、エコじゃないですよね。

オリジナルのカバーなら目立つし可愛い!

あのコーヒーカップのカバーの正式名称は『coffee cozy(コーヒーコージー)』と言います。
どうせなら、オリジナルのコーヒーコージーを手作りして普段使いしてみませんか? カップのロゴもほどよく隠れるので、オシャレに持ち歩けますよ♪

冬らしいほっこり感でインテリアにも◎

コーヒーコージーをつけていると、シンプルなカップに温かみが生まれ、ほっこりと可愛らしい雰囲気になります。
机の上に置いておくだけで、コーヒーカップが可愛い置物のインテリアになりますよ。

もらったカバーで手作りできるよ

型紙を一度もらってしまえば、オリジナルのコーヒーコージーを簡単にDIYできます! 型紙をお好みの布で覆い、ボンドやミシンで縫い付けるだけ。
こちらの動画にコーヒーコージーの作り方の手順が紹介されています。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

編んでボタンをつけてもいいね

型紙を使って作る他に、毛糸を編んだり、いらないニットセーターをリメイクして手作りすることもできます。
ボタンを縫い付けて留めるようにすれば、どんな形にカップにもぴったり♡

マグカップにも装着できる!

ニット素材は伸びるので、使い捨ての紙コップ以外にも巻くことができます。
自宅や職場で使っているマグカップの形に合わせて手作りして、引き出しに常備しておくのもおすすめですよ♪
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko