DIY

お気に入りの洋服が復活♡ニットセーターの伸びた袖口や襟元を直す裏ワザ

お気に入りのニットセーターを毎日着ていたら、袖口や襟元の部分が伸びてゆるゆるになってしまった…!!なんと、伸びきったニットを元に戻す方法があるんです!しかも家庭によくあるアイテムだけでリペアでき、所要時間も数分程度なのでとっても簡単!誰でも直すことができるんですよ♪ニットの全体の緩みもしっかりと整えられるので、すぐに着て出かけられるようになります。伸びたニットセーターを直す裏ワザをご紹介します!

お気に入りのニットが伸びてしまった…!

肌寒い季節になると、ニットセーターを頻繁に着るようになりますよね。
お気に入りのニットの襟元や袖口がいつの間にかユルユルに…! 実は自宅で簡単に直すことができるんですよ♪

小さな縮みならドライヤーで直るよ

袖口の少しの緩みなら、ドライヤーとお湯を使って簡単に直すことができます! これならどんな家庭にもありそうですね♪

袖口をぬらしてドライヤーをあてるだけ!

袖口をお湯でぬらし、ドライヤーの温風をあてるだけ。
形を整えながら、伸びた部分をギュっと絞るようにしながら乾かすのがコツです。

スチームアイロンだと強力!

ニット全体が型崩れしてしまった場合や、襟元の部分が緩んでしまったときには、スチームアイロンが便利! よりしっかりと形を直すことができます。

気になる場所をスチームでプッシュ

スチーム機能を使い、蒸気で蒸らすことで繊維を柔らかくし、その後縮む性質を利用しましょう。

そのあとギュッと握れば元通り♪

アイロンのスチームで蒸らしたあとは、ギュッと握り、ポンポンと整えれば元通り♪ 伸びきってしまうと元に戻りにくいので、少し伸びたかな?と思ったときに都度お手入れするのが良いでしょう。
ドライヤーもアイロンも一般の家庭にあるものなので、ぜひ伸びの気になるセーターがあったら試してみてくださいね♪
Share:
kurokimisa