インテリア

簡単100均DIY☆大人かわいいボヘミアン風フェザーピアスを合皮で作ろう♪

羽根モチーフのアクセサリーはいつの時代でもカワイイですよね。特に、ボヘミアンスタイルのフェザーピアスは誰でも一つは持っておきたいのではないでしょうか? レザー風のフェザーピアスは、カジュアルなファッションにピッタリのとってもキュートなアクセサリー。実はそんなフェザーピアスが自宅で簡単にハンドメイドできてしまうというのはご存知でしたか? 自分好みのオリジナルフェザーピアスをDIYして、思いっきりオシャレを楽しんじゃいましょう!

フェザーピアスをハンドメイドしよう!

image by PIXTA / 23470586

フェザーモチーフのピアスはどんな季節でも使える便利なアクセサリーですよね。
その中でも特に秋から冬にかけて大活躍してくれそうなレザー風のフェザーピアスをハンドメイドしてみませんか?

手芸をやったことのない人やハンドクラフト初心者さんでも、簡単に作ることができますから、気軽にチャレンジしてしまってOK。
材料も安価に揃えることができるうえ、時間も全然かからないんですよ。

それでは早速、そんな気になるレザー風フェザーピアスの作り方をチェックしていきましょう!

材料や道具は全て100均アイテムでOK♪

なんと嬉しいことに、必要なものはすべて100円ショップで揃えることが可能なんです。
材料が安価で揃えられる秘密はここにあるんですよ♪

フェザーピアスを作るのに使うアイテムは「お好みのレザー(合皮はぎれでOK!)を2種類」「ピアスフック」「丸カン」「アクリル絵の具(お好みのカラーを)」のたった4種類だけ。
しかも、どの商品もひとつ買うだけでたくさん使える量が入っていますから、500円+消費税を支払うだけでフェザーピアスを量産することもできちゃいそうですね!
100円ショップの「ダイソー」にある手芸用品コーナーには、様々なカラーリングの合皮はぎれが販売されています。
ダイソー以外でも合皮の素材を購入することができますから、色々な100円ショップに足を運んで、自分好みの色や質感を探してみるのも楽しそうですね!

フェザーピアスを作って余った分を使い、他のレザー小物を作ることもできますから、気になった合皮はぎれはたくさん買い込んでしまってもいいかもしれません。
1枚100円なので、いっぱい買ってもお財布に優しいのが嬉しいですよね♪
次に、使用する道具についてもご紹介。
こちらもすべて100均アイテムで問題ありません♪

「合皮をカットするのに使うハサミ」「丸カンを取り付けるのに使用するペンチ」そして「絵具を塗るためのフデもしくはハケ」を用意しましょう!

これらを用意したら、あとはいつも使っているテーブルのスペースをちょっと使って、10分程度のわずかな時間を費やすだけでオシャレなレザー風フェザーピアスを作ることができちゃいますよ♪

#1 作り方解説♪まずは羽根の形にカット

それではさっそくレザー風フェザーピアスの作り方をご紹介していきます!

レザー風合皮はぎれを羽根の形にカットしましょう。
右耳用と左耳用に2つ、同じ大きさに切ってください。
そして、羽根のような見た目になるよう、それぞれの両サイドにハサミで切り込みを入れていきましょう。

可能な限り細かく切れ目を入れていくのが羽根っぽく見えるコツなのですが、あまり細かくしようとしすぎると誤って切り落してしまう恐れもありますから、注意して作業を進めていってくださいね。

#2 もう一枚も同じように

メインの羽根ができたら、お次はもう一枚用意してある合皮はぎれを取り出して、少し小さい羽根の形にカットしましょう。

こちらのサイズもお好みで構いませんが、今回はこの画像の右側くらいの大きさ(メインの羽根と比べて、およそ5分の1程度のサイズ)にカットしました。
あまり大きすぎない方がメインの羽根が引き立つのでオススメです。

こちらの小さな羽根のほうには、切り込みは入れても入れなくても大丈夫。
先に用意してあるメインの羽根と重ねて見比べてみて、どっちのほうが好みの見た目になるか判断しましょう。

#3 自由にペイントしていきます

金具でまとめる前に、用意しておいたアクリル絵の具を適当なパレットや小皿に出しましょう。
そして、最初にカットしたほうの大きい羽根のパーツを、好みのカラーリングにペイントしていきます。

合皮はぎれの色と合わせたらどんなテイストになるのか不安…という場合には、羽根の形にカットする際に切り落とした合皮はぎれにお試しで塗ってみることをオススメします。

ちなみに今回は、大人っぽさを出すために、落ち着いたゴールドをチョイスしました。
次のページを読む
1 2
Share:
コトノ