DIY

セリアの”標本箱リメイク”でおしゃれなインターホンカバーをDIYしよ♪

壁に取り付けられたインターホンや電気のスイッチは必要なものですが、プラスチックの素材が少し唐突…。アイホンを木製のインターホンカバーを取り付けて目隠しすれば、他のインテリアとの馴染みもよくなります。100均セリアの『標本箱』をリメイクして、おしゃれなスイッチカバーを手作りしましょう!カバーになるだけではなくディスプレイとしての機能もあり、趣味のアイテムを飾るスペースが増えるオススメのDIYです♪

100均セリアの「標本箱」をリメイクしよう♪

おしゃれな商品が多数そろっている100円ショップセリア。
シンプルでDIYしやすいグッズも多く、その用途以外の使い方がされることも多いです。
中でも「標本箱」をリメイクするのが流行っているのを知っていますか? あるものをおしゃれに隠すのにピッタリなんです!

なんと「インターホンカバー」になるよ!

小物入れである標本箱を、インターホンカバーにリメイクするアイデア! 箱のフタ部分が開き戸になり、パカッと開けて使えるんです♪

見た目も可愛い♡

壁に取り付けられたインターホンは生活感が出てしまうし、ちょっと唐突ですよね。
木箱のため木製の素材で作られており、壁紙とのなじみが良いんです。

他のインテリアともなじみます

ナチュラルな雰囲気で、北欧風のインテリアのとの相性も良いですよ!
同じく100均で売っている金網を張ると、小物をひっかけて収納することができます!

ステンドグラスでアンティーク風

窓部分は チューリップモチーフのステンドグラス風アクリル板を入れ、ダークブラウンに塗装。
アンティークの家具が置いてあるリッチで渋いお部屋にピッタリ。

サイズが合わなければ切断!

もしインターホンのサイズが大きければ、箱の側面を一部切断してしまいましょう。
フタ部分が覆い隠しで見えなくなるので、問題ないのです。
次のページを読む
1 2 3
Share:
kurokimisa