DIY

“5つの基本”を押さえれば安心!お部屋をオシャレに見せる照明の選び方

インテリアの中でも照明は空間全体を照らす機能があり、どんな家庭にも必ず欠かせない重要な家具です。また多くの場合天井の中心から下がっていることもあり、お部屋の印象を決める大事な要素となります。空間に合う照明の選び方には”5つの基本”があり、それを押さえればリビングや子供部屋に限らず、過ごしやすくおしゃれな空間作りができますよ!デザインや電球の色味・明るさを考慮して、センスの良い照明選びをしましょう。

照明選びの基本①:お部屋の色と合わせる

壁や床の色と同じ色が使われている照明なら、個性的な形のプロダクトであっても自然とお部屋の空間になじみます。
「デザイナーズ家具を取り入れたいけれど、お部屋から浮くのが不安…」という方は、空間に多く使われている色と同色に近いものを選ぶようにすれば失敗しにくいですよ。

照明選びの基本②:インテリアのテーマに合わせる

お部屋のテーマに合った照明を選ぶことは大事です。
例えば和室なら、和紙が使われた自然素材の照明を取り付けたり、アジアンテイストのお部屋ならエスニック柄の模様が入った間接照明を選びましょう。
電気を消しているときでもその他のインテリアに溶け込みます。

照明選びの基本④:家具の形と合わせる

天井から下げるペンダントライトは、その下にある家具と形を合わせるのがコツです。
このような丸いリングが印象的なライトの下には、丸テーブルを置くと卓上を効率よく照らせ、雰囲気にも統一感が出ます。

照明選びの基本③:照明の装飾加減は空間との足し算・引き算で選ぶ

装飾の施された照明器具は多いですが、お部屋全体とのバランスを見て選ぶようにしましょう。
例えば装飾の少ないシンプルな部屋には目立つ形の照明を足すと全体が引き締まります。
逆に模様や色味の要素が多い部屋なら、シンプルな照明を選んで引き算するとスッキリと見えるようになります。

照明選びの基本⑤:お部屋の用途に合わせて明るさを調節する

明るすぎる照明は神経を興奮させ、反対に暗すぎる照明はリラックスし過ぎ、気持ちにハリがなくなってしまいます。
お部屋の用途に合わせて明るさを調節するようにしましょう。
みんなが集うリビングは温かみを持たせるために暖色系の照明を選び、勉強部屋やデスクは白色光のランプを使うのがオススメです。
いかがでしたか? これら5つの基本を押さえ、空間に合った照明を選んで、お部屋をもっと心地よくおしゃれに演出しましょう。
Share:
CRASIA編集部