DIY

子供が喜ぶクリスマスのインテリア♪サンタさんがやってくる暖炉をDIY!

クリスマスイブの夜、子供たちにプレゼントを渡すために、サンタの国からソリに乗りトナカイにひかれてやってくるサンタクロース。子供のいる家についたら、煙突を覗き暖炉からそーっとお家の中に入ってくると言われています。子供の頃「暖炉のないおうちはサンタさんが入って来られないかも?」と心配しませんでしたか?サンタさんからのプレゼントを受け取るため、フェイク暖炉をDIYすれば子供も安心!簡単手作りに挑戦しよ♪

クリスマスにはサンタさんの入り口になる「暖炉」が必要…!

“煙突をのぞいて暖炉に落っこちる”と有名なクリスマスソングにもあるように、クリスマスの夜にプレゼントを配るサンタさんは、暖炉のある家の煙突から忍び込むと言われています。
クリスマスの朝に子供へのプレゼントを置く場所にもピッタリ! 憧れの暖炉がお部屋にあったら素敵ですよね♪

フェイク暖炉を簡単DIYしよう♪

本格的な火を使う暖炉は無理でも、フェイクの暖炉ならダンボールの空き箱を使って、簡単に作れちゃいます! クリスマスまでのお部屋のインテリアに加えたら、子供もきっと喜びますよ♪

こんな感じで作ってみよう

フェイクであっても、こんな風にお部屋に暖炉があったら、雰囲気も盛り上がって素敵。
暖炉の上にはクリスマスの小物を置いたり、靴下をぶら下げて使いましょう。

平面でペタンとしてるのもアリ

色紙で暖炉を模して、壁にペタンとした暖炉のグラフィックを貼るのも素敵ですよ。
これならスペースも取らないので助かりますね♪

紙を重ねて火をリアルに再現!

暖炉の中の燃える火は、こんな風に何枚かの色紙を重ねると立体的に見えます。

100均のレンガ風リメイクシートを使えば簡単♪

暖炉を囲むレンガの描写は、100円ショップセリアの商品であるリメイクシートのレンガ柄のタイプを使えば、簡単に本格度が上がります!

丸太を組み立てるアイデア

丸太を組み立てて、暖炉風に見せるアイデア。
本物の丸太でなくても、茶色い筒を代用して作れそう!
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko