DIY

溢れた洋服をしっかり整理!大掃除に役立つ衣類のクローゼット収納の基本

流行が変わったり、ライフスタイルや体型の変化で服が増え、「古いものでもまだ着れるから…」と取っておいてるうちに、クローゼットに物が入り切らなくなってきていませんか?タンスや収納ケースに頼るだけじゃなく、洋服収納の基本を覚えて使いやすいクローゼットに変えましょう♪年末の大掃除には、日々のワードローブの整理整頓も欠かせません。壁面収納のアイデアなども加えて、チェストの中まで”キレイ”を目指しましょう♪

洋服が増えて収納できない!

新しいシーズンがくるたびに、ついつい増えてしまう新しい洋服。
だんだん小物も増え、クローゼットの中がゴチャゴチャしてきていませんか? 基本の整理整頓方法を覚えて、入りきらなくなってきた洋服をスッキリとクローゼットに収納しましょう♪

クローゼット収納のコツ①:長さを揃えて吊るす

ハンガーにかける洋服は、長さを揃えるようにして掛けましょう。
すると、掛けた洋服の下にスペースができ、ボックス収納を置く空間ができますよ♪

クローゼット収納のコツ②:色を揃える

畳んでしまっている洋服は、洋服の厚みのほかに色を揃えてあげましょう。
重なった洋服を探すため、タンスの中をゴチャゴチャと漁る手間がなくなります。

クローゼット収納のコツ③:下段に重いもの、上段には軽いもの

使用頻度の低いものは、クローゼットの上下を使ってしまいます。
特に上段の棚の上には軽いもの、床に近い場所や下段には重いものをしまいます。
衣替えで使わない季節の服は、気温が変わって取り出すこともあるので下段に置くのがおすすめです。

クローゼット収納のコツ④:細かいものは工夫して収納

洋服収納の基本を覚えたら次は小物を整理していきましょう!実は細かい小物の収納がアイデアの見せ所! スカーフやストール類など数が増えがちな小物は100均のウッドクリップを木板に接着し、挟めばわかりやすいですよ♪
便利なグッズを利用するのもアリ。
スカーフより重い生地系の服は、こういったハンガーを使うと一度に収納できるので省スペースです!
扉の後ろにはウォールポケットを取り付けましょう。
細かいベルトや靴の収納も楽チン♪
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa