DIY

おせち料理の箸置きを折り紙で手作り♡お正月の縁起物モチーフの折り方4選

お正月と言えば、家族や親せきが一同に集まり、みんなで手の込んだおせち料理を食べる慣例がありますよね。その時に食卓を彩るのは、何もお料理だけではありません!使う食器も含め、目で見て楽しむことも大事ですよね♪わざわざおせち用の食器を買うよりも、縁起物の折り紙の手作り箸置きを置いて、可愛くおしゃれにテーブルの季節感を演出しましょう♪お正月にぴったりの、縁起物モチーフの箸置きの折り方4種類をご紹介します。

おせちに『箸置き』は欠かせない!

お正月といえば「おせち料理」! 年中行事のなかでも最もおめでたいお正月の三箇日は、家族や親せきが揃い、手の込んだおめでたいお料理をみんなでいただきますよね。
重箱に入ったおせちを取り皿においたとき、箸置きを工夫するとお正月感が増しますよ。
わざわざこのために新しいものを買うよりも、100円ショップで売っている折り紙で、縁起物モチーフの箸置きを手作りしましょう♪

“一富士二鷹三なすび”の『富士山』の箸置き

お正月といえば「初夢」。
初夢に出てくるモチーフで、縁起がよいとされる富士山を折ってみましょう。

富士山の折り方

青や水色の折り紙のほかにも、太陽に照らされた”赤富士”というものがあるので赤でもOK。
コロンとしたフォルムがとっても可愛いですね♪

“メデタイ”の『鯛』の箸置き

鯛は「メデタイ」に通じ、お祝い事の定番の縁起物です。
おせち料理にも採用される魚なので、お正月の箸置きにピッタリ♪

鯛の折り方

鯛の箸袋の折り方ですが、箸置きとして使うこともできます。
使い終わったあとはクリップをはさんで、集まった子供たちの魚釣りゲームにも使えますよ!

“鶴は千年、亀は万年”の『ツル』の箸置き

鶴も亀も長寿の象徴であり、日本では古来から親しまれてきた鳥です。
年賀状のデザインにもよく使われる縁起物でもあります。

鶴の折り方

鶴の箸置きを置くと、テーブルの上に羽根を広げているようで素敵ですよ♪ 金色や紅白の色で折ると、テーブルを格調高くみせてくれます。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko