DIY

捨ててしまうコメ袋が北欧風インテリアに変身!?おしゃれな紙袋活用術

コメ袋DIYは、お米を食べた後の紙袋を活用すればいいので、必要な材料も塗料などを揃えるくらいで作り方も簡単です。アイデア次第でお財布にも優しく、ちょっとしたエコにもなるので、大きさや丈夫さを上手に生かしておしゃれで便利なインテリアグッズに変身させましょう。ぬくもりを感じる温かな見た目が可愛い、どんな雑貨もポイポイ放り投げて収納できる実用的なグッズができますよ♪

海外でも人気な「ペーパーバッグ」

お米の入っていた大きくて丈夫な袋で作るペーパーバック。
今ブログなどのSNSを使って、ペーパーバックの色々な活用法が紹介されています。
大きなペーパーバックを使ったインテリアは、海外でも人気なためどこかで見かけたことがある方もいるかもしれません。

丈夫な紙は根気の要ることも

厚紙はペイントしやすく作り方は簡単ですが、ひとつだけ大変なことがあります。
それは、「紙袋を裏返すこと」。
もちろんそのまま使っても大丈夫ですが、裏替えした紙の方をペイントした方が汚れもなく、綺麗に仕上がります。
丈夫な紙の扱いは少しだけ根気が要りますが、それもおしゃれなインテリアのため。
内側に、お米のかすや米粉がついていたらアルコールやティッシュなどで軽く拭き取りましょう。

まずはコメ袋のペイントのアイデアを8つご紹介します。

ペイントその1・フォントでカッコよく

グラフィックのポスターと合わせてコーディネート。
ロゴはプリントアウトしてなぞれば簡単に描けそうですね。
カーボン紙(100円ショップで手に入ります)を使うと写しやすいです。
直接書くのが苦手な方は、切り抜いてステッカーとして貼ってもいいですよ。
ロゴの制作に便利なサイトです。
今は、無料でおしゃれなロゴがダウンロードできるサイトがありますので、お好みのロゴを使ってペイントしてみましょう。

ペイントその2・ブランドのロゴでも

エルメスやシャネルなどお気に入りのブランドのロゴでも

ペイントその3・白地に黒でシンプルな絵を描いても

ちょっとポップな絵柄でも白黒ならカッコよくデザインできます。
モノクロのシルエットをダウンロードできるサイトもありますので、絵が苦手な方でも気軽にトライでできます。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: