DIY

ゴミ袋やお買い物時に大活躍!上手に整理整頓できるレジ袋の収納方法10選

コンビニやスーパーでお買い物をしたときに、商品を入れるレジ袋。環境保護のためレジバッグが有料になるお店も多くなり、ナイロン製のエコバッグを持ち歩く人も増えました。しかし、ゴミ箱に設置するためのビニール袋として活用することも多いレジ袋は、主婦にとってはなくてはならないもの…!もらった袋をきれいに収納して、いつでも使えるようにスタンバイしておきましょう♪みんなのレジ袋の上手な収納方法をご紹介します!

レジ袋をきれいに収納しよう♪

ゴミ袋として活用できるなど、レジ袋は日々の生活に欠かせない便利グッズ。
「有料のところも多いし、今後使うだろうから…」と思ってもらっているうちに、どんどん家の中に溜まってしまいませんか? グチャグチャになりがちなビニール袋を、上手に収納する方法をご紹介します!

レジ袋の収納方法①:三角にたたむ

レジ袋を細長く折り、その後三角になるように端からたたんでいくと、手のひらにのるくらいの、とてもコンパクトなサイズになります。
これならグシャッと広がりませんね♪

レジ袋の収納方法②:100均のA4ボックスに収納

A4ボックスを台所の開き戸の裏にくっつけ、そこにレジ袋を放り込んでいく方法。
簡単で、見えないところなので畳む手間もかかりません。

レジ袋の収納方法③:ビンに詰める

袋を小さくまとめて、ビンの中に詰める方法。
真空なので、空気をしっかり抜けばコンパクトに収まります。

レジ袋の収納方法④:ティッシュケースに入れる

使い終わったあとのティッシュケースに入れましょう。
ティッシュが入っていたように半分重ねながら入れれば、取り出すのも楽チンです♪

レジ袋の収納方法⑤:ウェットティッシュの空容器を使う

ティッシュ系が入っていた容器は、ビニール袋の収納に向いているよう。
レジ袋を一度広げ、巻くように入れると、取り出しやすくなります。

レジ袋の収納方法⑥:布+刺繍枠

刺繍枠で布をはさみ、吊るす方法。
見た目も可愛いので、見えるところに吊るしても気になりません。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko