DIY

収納が増えて間仕切りになる!『キッチンカウンター』が便利な7つの理由

家の中でも特に利用頻度の多いキッチンは、なるべくリラックスして過ごしやすい環境にしたいですよね。なおかつオシャレであればベスト♪そこでおすすめしたいのが『キッチンカウンター』。キッチンカウンターには見た目の良さと実用性を兼ねた、便利なポイントがたくさんあるんです♪狭いキッチン台に作業スペースと収納場所が増え、リビングとの間仕切りにもなります!憧れの対面カウンターで、家族間の交流も増えますよ♡

キッチンカウンターの利点とは?

新居を構えるときや引っ越しをするときに、キッチンの利便性を考えることはとても重要です。
「台所は母の城」というように、ママたちが一日の中でも多くの時間を過ごすスペースでもあります。
だからこそ、おしゃれで使いやすそうなキッチンカウンターに憧れる人は多いですよね。
インテリアとして素敵!とうだけではなく、キッチンカウンターにはその存在に適った機能性の高さがあるんです。
キッチンカウンターの利点には、一体どのようなものがあるのでしょうか?

利点①:作業スペースが広がる

キッチンカウンターの一番の利点は、やはり作業スペースが広がること。
お料理の最中は、お鍋を変えたり、切った野菜を使うまで保管したり、盛り付けするお皿を用意する必要もあります。
コンロやまな板のあるキッチンから、ある程度独立した場所にあるキッチンカウンターは、そういったものを一時的に避ける際にとっても便利なんです!

利点②:収納場所が増える

キッチンカウンターの上や下に、収納場所が確保できます。
電子レンジや米びつ、よく使う料理器具や食器類はこちらに置いておくと便利! 振り返るだけで手が届く距離にあり、取り出すのも簡単です。
キャスターのついたアイランド式のキッチンカウンターですと移動できるので、ジャマにもなりません。

利点③:動線ができて交流が生まれる

キッチンカウンターを置くと、自然と人が通る道の流れができ、家族間の交流が生まれやすくなります。
例えばバーカウンターのあるお店は、ひとりでお店に入って座れる気楽さがあり、お店の人との会話もはずみます。
また、料理を作って置く、食べたら片付けるといった動作の流れもスムーズになります。

利点④:シェルフを利用して手作りできる

キッチンカウンターは、キッチンの背面にカラーボックスを積み上げたり、既存のシェルフを利用すれば、簡単に手作りできます。
キッチンに使われている素材や色を合わせれば、統一感が出るのでお部屋のインテリアから浮くこともありません。

利点⑤:高さのある家具を簡易カウンター代わりに使える

急いでいて時間がないときや、ちょっとだけ食事をとりたいといったときにも便利なキッチンカウンター。
作った料理をその場でささっと食べることができます! 折りたたみ式の小さな机なら、使わないときには片付けることもできて省スペース。

利点⑥:狭い場所にも設置できる

キッチンが狭い廊下にあり、とてもキッチンカウンターを置く場所なんて作れない…というときにおすすめなのが、壁に付けられる家具。
長めの収納ボックスを丁度いい高さに設置すれば、収納場所を増やしつつ、カウンター代わりとしても使えます♪
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部