DIY

裾をチョキンと切って縫うだけ!お古のセーターはニット帽に簡単リメイク?

真冬の大事な防寒具であるニットキャップ。洋服とコーディネートしておしゃれを楽しむのに欠かせないファッショングッズでもあります。捨てるはずだったセーターの裾をチョキンと切るだけで、簡単にニット帽にリメイクできるのを知っていましたか?もし縮んで小さくなってしまったり、汚れがついて着なくなったセーターがタンスの中に眠っているなら、ぜひ試してみたいリユース方法!子供用ニットキャップ作りにも活用できますよ♪

いらないセーターを便利にリメイク♪

自宅に着なくなったセーターはありませんか? そのまま捨ててしまうなんてもったいない! それだけで温かいニットは、冬アイテムのリメイクに便利な素材なんです。

裾をチョキンと切ってニット帽にしよう!

なんと、ニットセーターの裾をチョキンと切ると、簡単におしゃれなニット帽が作れるって知ってましたか? 食べこぼしで胸のあたりが汚れてしまって着なくなったセーターのリユースにもなりますよ♪

ニット帽へのリメイク方法

①要らなくなったニットの裾を切ります ②手持ちのニット帽の大きさに合わせてチョキチョキと切ります ③ニットを裏返して、内側から縫い合わせます もう一度裏返して縫い目を内側にすれば、おしゃれなニット帽の完成です♪

ポンポンを付けると本格的になる!

手持ちの毛糸をクルクルと巻いて、ポンポンを手作りして頭頂部に縫い付けましょう。
おしゃれになる上に、縫い合わせた部分の目隠しにもなりますよ♪

子供に作ってあげたい♡

サイズが調整できるので、子供の頭に合わせたニット帽を簡単に手作りすることができます。
もしブカブカなら、少し折り返してかぶればOK♪ セーターについていたボタンもおしゃれに活用しましょう。

大人のおしゃれにも使える!

もちろん、大人だってかぶれるようなニット帽を作ることができますよ♪ 冬場のおしゃれの幅が広がります!

色々なセーターで試してみたいね♪

元々セーターについていたボタンやリボンを付け替えたり、逆に異素材をミックスさせたおしゃれなニット帽を簡単に手作りできます。
お気に入りだったセーターを捨てずに済む、とってもエコな活用方法です。
色々な柄のセーターで試してみてくださいね♪
Share:
yoshiko