DIY

ロフト・アジアン・和室との相性も◎ローベッドのレイアウトまとめ8選

ナチュラルな洋室から和室のお部屋に引っ越す時、またはモダンデザイン、アジアンエスニックなタイプのお部屋に模様替えしたいとき、お部屋にローベッドを設置してみませんか?ローベッドは「お部屋を広く見せたい!」「もっとおしゃれにお部屋をアレンジしたい」というときにもおすすめのインテリアアイテムです。ここではローベッドのおすすめレイアウト8選をご紹介します。ひとり暮らしのお部屋やロフトにも活用できるレイアウトもありますよ。ローベッドで、ワンランクおしゃれなお部屋にアレンジしましょう♪

しっかりしたベッドフレームから卒業しましょう!

image by iStockphoto

例えば洋室から和室のお部屋への引越しが決まった際、今まで使っていたベッドではインテリアに合わないかも…と心配になりますよね。
またはお部屋をアジアンやモダンな雰囲気に模様替えしたいとき、ナチュラルなベッドフレームを取り払ってしまうことで、うまくお部屋のインテリアのバランスが取れるようになるんです!

レイアウト例その1. マット×すのこでアレンジ!

今まで使っていたベッドのマットレス×すのこを組み合わせることで、簡単にローベッド風のアレンジができます。
すのこはホームセンターで安く売っているので、簡単に作ることができますよ。
また、自分好みのサイズに作れるので、シングルでもダブルでもOK! すのこなら通気性もよく、湿気もたまりにくいので安心ですよね。

レイアウト例その2. 部屋を広く見せる演出

ベッドのような大きな家具は、当然ながら空間のスペースをとってしまい、お部屋全体が狭く感じる原因に…。
ローベッドにすることで圧迫感が減り、視界もよくなるので部屋が広く見える効果があります。
また、壁やフローリング、カーペットなどと同じ色のシーツにすることですっきりしたイメージのお部屋づくりができますよ☆

レイアウト例その3. 和モダンも人気

ローベッドは部屋が洗練して見える効果もあります。
また、サイドテーブル要らずで脇に間接照明を置くことができるので、お部屋の要素を減らせます。
すのこの代わりに畳を使えば、洋室に和風テイストを盛り込んだモダンな雰囲気になります。
リゾートなどの高級感のあるベッドは、ローベッドであることが意外と多いのです。

レイアウト例その4. 一人暮らしのお部屋にも

ワンルームでものに囲まれ、窮屈に感じやすい一人暮らしのお部屋。
ローベッドなら天井までの距離が広がるので、開放感が増します。
また、折りたたみできるマットレスを使えば、来客時にマットを折り、すのこを壁に立てかけることでスペースも生まれますよ。
ひとり暮らしの男性にもおすすめのレイアウトです。

レイアウト例その5. スタイリッシュに決める!

ローベッドは、様々なテーマのお部屋との相性がいいです。
スタイリッシュな雰囲気になるので、大人っぽいに家具との相性ももちろん合います。
このように部屋の中央に配置すると安定感が出ますね。
ホワイトとブラックの組み合わせでモノトーンな雰囲気もおしゃれです。
ソファーとの色を合わせることで統一感のあるお部屋が作れますよ。

レイアウト例その6. アジアンエスニック風にも合う

生活空間と寝室の境が薄くなるローベッドは、和室だけでなく、アジアンエスニックなお部屋の寝具としてもよく使われます。
サラサラとした素材の布団や枕と合わせて、照明を落とすとエステサロンのような落ち着きのある部屋になります。
ベッドカバーも赤や黒、オレンジを組み合わせてアジアンテイストに☆エキゾチックなアレンジも素敵ですね。
次のページを読む
1 2
Share: