DIY

100均素材で簡単DIY!ポンポンラグマットの作り方をご紹介

モコモコの手触りがたまらない毛糸のポンポン。余った毛糸などで作ったりしませんか?毛糸でポンポンをたくさん作ったら、100円ショップに出かけて滑り止めシートを手に入れましょう。ポンポンを次々に結び付けて、大人も子供もベビーも癒されるポンポンラグ作りに挑戦してみましょう!ふわっふわだから肌触りがたまらない。大人もついつい触れていたくなっちゃうポンポンラグを好きな色でカスタマイズしてハンドメイドしてみましょう!

ポンポンラグマットの魅力!

image by iStockphoto

ふわっふわの肌触りがたまらなく可愛いポンポンラグマット。
ポンポンの魅力、それは見た目の可愛さと、もにょもにょした肌触り。
何でこんなにポンポンに癒されちゃうのかな?というくらい魅力的な存在。
そんな素敵なラグマットが手づくりでできちゃうんです。
難しい編み方なんて必要ありません。

材料は「毛糸」「滑り止めマット」これだけです!どれもダイソーやセリアなどの100円ショップで入手可能なものばかり。
それでは早速作り方をお届けします!

1.【作り方1】ポンポンを一気に作る!裏ワザもご紹介

ポンポンラグマットをつくるにはたくさんのポンポンが必要です。
一つ一つ作ってもいいですが、それでは根気が続かなくなってしまいます。
というわけでここで裏ワザです。

・イスなどをひっくり返して毛糸を巻きつけます。

・その毛糸の束を結んでいきます。
この結んだ部分は長めにとっておいてくださいね。

・繰り返し結んだあとは結び目と結び目の真ん中をはさみで切ります。

・あとは丸くなるように余分な部分をカットします。

これで一気にポンポンを作ることができます。
ここにあげた画像を参考にしてみてくださいね。

2.【作り方2】結び目は残すべし!

ポンポンを作る時に、結び目からしっかり結ぶ用の毛糸を残しておきましょう!この残した部分が次の工程で重要な役割になります。

もしうっかり切ってしまった場合は中央にまた新たに毛糸を結び付けておきましょう。

3.【作り方3】100均の滑り止めシートの出番!

滑り止めシートは100均でも手芸屋さんでも手に入ります。
穴が空いている滑り止めシートに隙間なく結びつけていきます!そう、ここで残しておいた毛糸が役に立つのです。

3-1:【コツ】結び目はしっかりと!

結び目はほどけないようにしっかりと結びましょう! ちょうちょ結びとかではすぐにほどけるので要注意です。
マットは人が乗ったり物を乗せたりして日常的に衝撃が加わります。
長く使うためにも結び目はしっかりとしましょう。

4.完成!

全体にポンポンを結び付け終わったら完成です!みるからにふわふわのモコモコですね!大変魅力的ですね!

4-1:配色次第でいろんな顔をしてくれる

一色だけを使って作るより、同系色の色をいくつかポンポンにして混ぜると可愛らしく仕上がりますよ! ビビットカラーを組み合わせたら、キッズ達が喜ぶ元気なイメージに仕上がりますね。
赤と緑と白で作れば毛糸の温かさもくわわわってクリスマスにぴったりのマットになりますね。
茶色やベージュでまとめてナチュラルな色合いにもできそうです。
見た目にもかわいいので置いておくだけで立派なインテリアにもなります。
あなたのお好みで、作ってみましょう。
次のページを読む
1 2
Share: