DIY

冬のインテリアのカラーコーデは大人乙女な『ダスティピンク』がおすすめ♡

この冬おすすめのお部屋のテーマカラー『ダスティピンク』!「くすんだ・灰色がかったピンク」の色味のことです。大人の落ち着きを感じるカラーなので、ピンクは大好きだけど、お部屋には使いにくい…と思っていた人にもおすすめ!寒い冬から暖かくなる春にかけても使える旬の色♪ソファーやテーブルといった家具や雑貨に使うとおしゃれに映えますよ。北欧風のコーデとの相性もいい、人気の色の使い方をご紹介します!

憧れの女の子らしいお部屋になる魔法の色!

この写真のようにナチュラルで大人っぽいけれど、女性らしさを感じるお部屋に住みたい… 一見ガーリーなお部屋に見えますが、実はピンク色が使われているのはクッションのみ。
たった1アイテムあるだけで、存在感を発揮する色が『ダスティピンク』という色なんです!

『ダスティピンク』ってどんな色?

“Dusty”とはくすんだ・灰色のという意味があり、「DustyPink」とは”くすんだピンク色”のこと。
濃いピンクやパステルピンクよりも刺激が優しく、大人っぽさも残した色味なので、インテリアに取り入れやすいピンクなんです♡

ピンク色は女性の味方♡

ピンクが女性に愛されるのは理由があります。
・気持ちを和ませ優しい気持ちにさせる ・心身の疲労をとる ・攻撃性をおさえる ・髪や肌を美しく保つ 上記のように女性らしさを引き出すこと効果があると言われていることから、風水では恋愛運や結婚運をアップさせる色と言われています。
また、コーディネートしやすい色なので、インテリアやファッションのメインカラーに多用される色でもあります。

冬カラー・春色カラーとも相性抜群!

ダスティピンクはNGカラーがほとんどなく、合わない色がありません。
秋冬のインテリアにメインで使われることの多いブラック・ホワイト・グレー・ネイビー・モスグリーン・ブラウンとは特に相性が良い色味です。
さらに、春先に使われる白やグリーンといった抜けのある明るい色味とも合わせやすいので、秋冬~春まで使えるオールマイティな色なんですよ♪

くすんでいるので優しい雰囲気に

濃いピンクやパステルピンクよりも甘すぎないダスティピンクは、刺激が優しく広い面積でも使いやすいといった特徴があります。
北欧風のアイテムともよく合い、落ち着いた雰囲気を醸しだします。

ベッドルームに使えば落ち着く!

広い面積にダスティピンクを取り入れるなら、ベッドルームのカバーがおすすめ。
お金をかけずに大きく印象を変えやすく、落ちついた色味なので寝室にも安心して使うことができます!

プロダクトやアートに取り入れるのがハイセンス

お部屋のおしゃれさを格上げするプロダクトや、壁に飾るアートに取り入れてみましょう。
パンチの効いためずらしい色味が目立ち、アクセントになってくれます。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko