DIY

紙でもフェルトでも作れる3Dスノーフレークをクリスマスに飾ろう☆

街中もクリスマスの装飾が始まり、いよいよクリスマスらしい雰囲気になってきましたね!今年はどんな飾りつけをする予定ですか?まずは身近な紙やフェルトでクリスマスオーナメントを作ってみませんか?定番のスノーフレークを、しかも平面ではなく3Dで作るのはいかがでしょう?ハサミ、ホッチキス、セロハンテープだけでできちゃう立体スノーフレークの作り方をご紹介します!

見ていて飽きない3Dスノーフレーク

やっぱり雪の結晶というのは、見ていて飽きないですよね? しかも立体のスノーフレークなら、風に揺れるたびに姿を変えて見せてくれますよね♪

どうやってハサミを入れる?

動画は英語ですが、ハサミの入れ方をみているだけで作り方はわかります!

紙の模様や色を使い分けるとステキ

白い紙で雪を表現するのはもちろん、他にもいろいろな種類の紙で作るのも楽しいですね♪
両面紙を使うと、さらに360度の角度から楽しめちゃう!

パーツ1つでもクリスマス飾りに♪

7つのパーツを合体させてスノーフレークを作りますが、1つだけでもステキなクリスマス用オーナメントになるんですよ!

大小で飾ってもかわいい♡

大きさを変えて吊り下げたりしたら、雪が降ってきているみたいなお部屋に♡

リボンでゴージャスなオーナメントに!

大きめにスノーフレークを作ったら、太めのクリスマス用リボンで吊るしてゴージャスなオーナメントに! お部屋の中が一気にクリスマス仕様に変わりますね! とっても簡単だから、お子様と一緒に作るのも楽しいですね♪
Share: