DIY

痛んでしまったレザーバッグのエッジ部分を新品同様に直す方法☆

高価な本革のバッグ、レザー商品。でも使い込むうちに、だんだんエッジ部分がほつれててきてボロボロになってきますよね?お気に入りだからまだまだ使いたいけど、エッジ部分がボロボロだと恥ずかしいし…そんな時に超役に立つ「修繕アイテム」があるのです!私も知らなかったので、残念なことにレザーバッグを一つ捨ててしまいました。これがあるのを知っていれば!!

ブランドバッグもこれでは台無し…

使い込んだバッグ。
取っ手部分のこういうエッジのほつれ、よく見かけますよね? これ、なんとか直らないものでしょうか。

これですよ、これ!

Fiebing's Edge Kote 4 Oz Brown Leather Colour Paint Dye Leathercraft 2226-01 by Fiebing: ホーム&キッチン

Fiebing's Edge Kote 4 Oz Brown Leather Colour Paint Dye Leathercraft 2226-01 by Fiebing: ホーム&キッチン

Amazonで見る
見つけましたこの神アイテム! アメリカ製FIEBING’S社 「EDGE KOTE(エッジコート)」 1,188円 118ml ※色は黒、茶、無色

早速直してみます!

まず、どうにも傷んでいるこのほつれ部分は、ハサミでカットします。

綿棒登場

エッジコートを綿棒でたっぷりとって、一気に塗っていきます。
ちょんちょんちょんって感じではなく、一気にびーっと塗るのが上手に仕上げるコツです。

乾かします

両サイドを塗ったら、乾かします。

いかがでしょう?

買った時の様に戻りました!! 写真は茶色のエッジコートで修繕しています。
色は黒と無色もあるので、物によって使い分けられます。
次のページを読む
1 2
Share: