インテリア

初心者でも簡単!3dカフェアートを自分で作ってバリスタ気分を味わおう!

おいしいカフェラテに見る楽しみも与えてくれるラテアートですが、最近では泡を利用した立体的なラテアート「3Dカフェアート」も話題になっていますね。そんな立体的なラテアート、初心者でもコツをつかめば自分で作ることができるんです。今回は自宅で簡単にできる3Dラテアートの作り方と、どうしても不器用で自分で作れないという人のために話題のクッキングトイ「アワタチーノⅡ」をご紹介します。

これが3Dラテアート!

いまや当たり前になったラテアート。
最近ではモコモコの泡で立体的な形を作る「3Dラテアート」もお目見えしています。
入ったカフェで隣の席に写真のようなラテアートが運ばれてきたら、思わず自分も注文してしまいそう…。
自宅でカプチーノやカフェラテを楽しむ人も増えた今日この頃、自宅でラテアートに挑戦してみるのも楽しいですよ。

3Dラテアートを作ってみよう

初心者でもコツをつかめば、3Dラテアートが簡単に作れるんです。
ポイントは「泡」。
ミルクの泡立て方が勝負をにぎります!準備するものは、牛乳、ミルクフォーマー、カプチーノやカフェラテ、スプーン、竹串など先のとがったもの、ココアパウダーやチョコシロップです。

では、さっそく作り方を見ていきましょう。

#1 牛乳を適温に温める

image by PIXTA / 31187934

3Dラテアートで鍵をにぎるのはミルクで作った泡。
最適な泡を作るため、まず牛乳を温めます。
適温は40~60℃、分量は1杯分で50~100cc程度でよいでしょう。
電子レンジやお鍋で温めますが、温度が重要なのでキッチン用の温度計でしっかり確認しながら温めることをおすすめします。

#2 牛乳を泡立てる

ミルクフォーマーで牛乳を泡立てていきます。
容器を傾けてしっかり泡立てるのがポイント。
カップを傾けてもこぼれないくらい、しっかりしたミルクフォームを作ります。
通常のラテアートと比べると「泡立てすぎかな…」くらいがちょうどいいんです。

#3 カプチーノやカフェラテを淹れる

image by PIXTA / 19362279

でき上がったミルクフォームは1~2分程度そっとしておきます。
そうすると泡が落ち着いて、よりしっかりした固いフォームなりますよ。
この間にアートの土台になるカプチーノやカフェラテを淹れておきましょう。

#4 泡を盛り付けていく

固いフォームを使ってラテアートを始めましょう。
スプーン2本を上手く使って、フォームを整えながらカプチーノやカフェラテにのせていきます。
初心者の3Dラテアートにおすすめなのは比較的簡単にできる「クマ」。
まず、顔になる部分をのせてから、耳や鼻の部分になる泡を重ねて盛り付けていきましょう。
もちろん他のモチーフを使ってもOKですよ。

#5 デコレーションして完成!

形ができ上がったら、仕上げに竹串などを使いデコレーションしていきます。
チョコレートソースで目や耳などを描いたら3Dラテアートの完成。
また、ココアパウダーを振りかけるデコレーションもかわいいですよ。
次のページを読む
1 2 3
Share: