インテリア

お部屋でオシャレにグリーンを楽しむ「ウォールグリーン」の作り方

観葉植物をウォールデコレーションに活用する「ウォールグリーン」をご存知ですか?おしゃれなカフェやレストランなどで壁面の装飾に使われています。お店のように壁面一面を飾るのは難しくても、部分的にフレームでグリーンを飾る方法なら一般の住宅でも大丈夫。それも、100均アイテムや身近なものを使ってローコストで簡単に取り入れることができるんです!お部屋に癒しを運んでくれる「ウォールグリーン」おすすめですよ。

「ウォールグリーン」を見かけたことある?

カフェやレストラン、ショップなどで壁面を飾る「ウォールグリーン」、1度は見かけたことがあるのではないでしょうか。
写真のように壁面一面か、それに近い大きさの壁を観葉植物で飾るウォールデコレーションの1つ。
グリーンの壁が、迫力がありつつも癒しを運んでくれるおしゃれなインテリアです。

「ウォールグリーン」をインテリアに取り入れよう

「ウォールグリーン 」を自宅のインテリアに取り入れたいと思った時、いちばんハードルになるのが本物の観葉植物を使っていること。
次が壁面の大きな範囲をグリーンで飾ること。
飾る面積が大きくなれば、必要な観葉植物が増えて高額になるし、お手入れも大変…。

でも、あきらめることはありません!お部屋のインテリアとして「ウォールグリーン」を取り入れるなら、100円ショップで手に入るフェイクグリーンを使いましょう。
そうすればローコストでお世話も不要。
一部分に取り入れるだけでも、お部屋の雰囲気がガラリと変わりますよ。

さっそく「ウォールグリーン」を作ってみよう

ここでは、気軽に作れてインテリアとして取り入れやすい、木製の箱を使った「ウォールグリーン 」の作り方をご紹介していきます。

作り方1:必要な材料はこれだけ

準備するのは、1.滑り止めマット(ワイヤーネットなどでも代用可)、2.木製の箱、3.フェイクグリーンの3つだけ。
あとはハサミと、必要があればワイヤーを利用します。
滑り止めマットは、フェイクグリーンを差し込んでいくので網目の大きなものを選びましょう。
大きめに作りたい時は最初からフェイクグリーンがついたグリーンマットを使うと便利ですよ。
また、木製の箱はフォトフレームや木枠でもOKなので、手持ちのものがあれば利用しましょう。

必要な材料は、ダイソーやセリアといった100円ショップでそろいます。
だから、全て買いそろえてもとってもリーズナブル!
100円ショップには、いろいろな種類のフェイクグリーンが販売されています。
どれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。
もちろん自分の好みで選べばいいのですが、ワイヤーが付いているものや、分解しやすく分解すると枝分かれするものがウォールグリーン向きと言われています。

ただ、グルーガンやワイヤーを使えば、ほとんどのフェイクグリーンは取り付けることができるので、あまり気にせず好みのものを選びましょう!

作り方2:グリーンをカットしていく

準備したフェイクグリーンを滑り止めマットに差し込みやすい大きさにカットしていきます。
取り外しができるものはカットせず、なるべく細かく分解してください。
茎の部分にワイヤーが入っているものをカットする時にはケガに注意しましょう。

作り方3:滑り止めマットにグリーンを取り付けていく

まず、滑り止めマットを木箱のサイズに合わせてハサミでカットします。
カットした滑り止めマットに、2の手順で準備したフェイクグリーンを絡ませるように差し込んでいきましょう。
ワイヤーが入っているものは巻きつけてしっかり固定し、取り付けづらいものはグルーガンなどを使って固定していきます。

全体のバランスを見ながらグリーンを配置してください。
次のページを読む
1 2
Share: