DIY

『ミナペルホネン』のテキスタイルをリメイク!こんな雑貨が手作りできるよ10選

可愛いテキスタイルが人気のファブリックブランド「minaperhonen(ミナペルホネン)」。デザイナーの皆川明さんのオリジナルパターンがプリントされた洋服はとてもおしゃれで、あのスカイツリーの制服に採用されたり、美術館で展覧会も開かれるほど個性的!そんなミナペルホネンは洋服だけではなく、公式サイトで販売しているミナのインテリアファブリックも大人気!北欧風の可愛い雑貨が大好きな方は、ぜひミナのインテリアファブリックをリメイクしてはぎれでブローチや小物を作ったり、手作りバッグにチャレンジしてみましょう!

話題のファッションブランド『ミナペルホネン』とは

『ミナペルホネン(minä perhonen)』は、オリジナルの図案でファブリックを制作するファッションブランド。
デザイナーの皆川 明さんが、1995年に自身のブランド「ミナ」を設立。
その後、2003年にブランド名を「ミナ ペルホネン」と変えました。

「minä」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」を意味します。
国内外の数々の賞を受賞し、展示会も行われるほど個性的なパターンがプリントされた洋服は、女子の心を掴んで離しません。

スカイツリーの制服もデザイン!

そんなミナペルホネンはなんと、あのスカイツリーの制服のデザインも手掛けています。
新しい東京のシンボルの一翼を担うほど、注目されているブランドです。


普遍的なシルエットなのに、どこか個性的な魅力を感じるのは、やはりそのプリントの力によるところも大きいですよね。
さらには、スカイツリーの制服モチーフであるミナペルホネンのハンカチグッズなども、東京スカイツリータウンで購入可能です!

インテリアファブリックも販売!

ミナペルホネンといえば洋服をイメージしますが、ミナペルホネンのお店やオンラインショップでは、個性的な図案がプリントされたインテリアファブリックの販売も行っているんです!原画の持つ色彩、手描き独特の濃淡やにじみ、かすれをそのままにプリントしたファブリックは、使い続けるうちに、だんだんと馴染んだ表情になっていく素材で作られています。
ブランド名に入っている「蝶」の羽のような美しい図案は、同じく蝶の種類が数え切れないように、新しいデザインのものが増え続けるんです!

そんなミナのファブリックを使って、インテリアや雑貨にリメイクするのが今、話題となっているんです!今回は、そんなミナのファブリックでリメイクした雑貨を10選ご紹介します。

リメイク方法1:テーブルクロスやカーテンに!

いつものお家のインテリアをおしゃれに変えたい方にぜひオススメなのが、ミナのインテリアファブリックをリメイクしたテーブルクロスやカーテンです!

ミシンさえあれば、ファブリックを必要な大きさに切って、まわりを縫うだけで作れます。
可愛い図案がしっかり見えて、とても可愛いですね。
テーブルクロス一つで、ダイニングの印象がガラリと変わること間違いありません!

リメイク方法2:はぎれでバッグを手作り

おしゃれで可愛いバッグが欲しい方は、ぜひミナのファブリックで手作りバッグにチャレンジ!単純に1枚布ではなく、いくつかファブリックのはぎれを集めて、パッチワークのバッグを作ってみても良いでしょう。

使っていないときは、見えるようにお部屋の中にかけておくと、インテリア代わりにもなります。

リメイク方法3:印鑑ケースの接着芯に貼るだけで女子力アップ!

少し手先の器用な方であれば、ファブリック布を使ってオリジナルの印鑑ケースを作ると、とても可愛く仕上がります。
中でもがま口タイプの印鑑ケースは流行もなく、使い勝手も便利です。
布の一部を適度な大きさに切り、がま口を作る過程で接着芯と呼ばれている芯地にファブリックをペタッと貼るだけで、見違えるほどファンシーな小物になります。

見た目が地味になりがちな印鑑ケースだからこそ、ミナのファブリック生地でアレンジすると女子力もアップ!

リメイク方法4:スマホカバーにもデコパージュ

毎日使うスマホだからこそ、素敵なスマホカバーを付けておきたいもの。
けれど、気に入った物がなかなか見つからない時には、オリジナルのスマホカバーを作ってみるのも手です。

ミナのファブリックは布素材なので、デコパージュすることができます! リメイクするスマホカバーやデコパージュに使う素材は、100円ショップでも簡単に手に入ります。
スマホのカバーがこんなに素敵な模様だったら、大事に使えそうですね。
次のページを読む
1 2 3
Share: