DIY

自分がデザイナー!コイルロープと糸を使ってバスケットをデザインしよう♪

コイルロープって本当にいろいろな使い道がありますね!「縄」としての機能を求めるより、DIYの材料として見る方がダンゼン楽しい!コイルロープをグルーガンで接着していけば、バスケットになるし、そこに糸や毛糸を通せば簡単にデザインできますよ!自分がデザイナーになったつもりで、好きなように糸を通してデザインしてみるっていうのはいかがでしょう?

ノーマルなコイルロープバスケット

とりあえず、ノーマルなタイプ。
もちろんこれだけでも何かコイルロープはおしゃれ。

糸を通してみる

コイルロープをグルーガンで接着してバスケットを作ったら、今度は糸を通してデザインしていきます。
好きなようにやれるから楽しい♪

パターンを決める

糸を通すパターンを決めれば、こんな風にかなりオシャレにデザインされたバスケットになります!
こんなデザインもステキ!
色付きコイルロープもいいですね! その前にこんなオシャレなコイルロープが販売されているっていうのが嬉しい♪
シックなデザイン。
コイルロープが明るめなら、糸の色をモノトーンにしても良いですね。

ゴミ箱もデザインしちゃう?

バスケットの元となる物に巻き付ければ、バスケットの大きさも様々に! ゴミ箱などもデザインができるんですね! 皆さん、早速デザイナーになったつもりで、好きなようにデザインしてみませんか?
Share: