DIY

ワセリンで一瞬にして痛んで見える「シャビーシック」なペンキ塗り裏ワザ☆

最近流行りの「シャビーシック」家具。新品ではなく、敢えて使い込んである風な家具の方がオシャレというインテリアですね。マリンな西海岸インテリアでも、シャビーシックな家具を置く事で「海辺のコテージ」みたいな雰囲気になります。そんなシャビーシック家具へのリメイクに必須なペンキ塗り。なんと薬局などで簡単に手に入るワセリンを使用する事で一瞬でシャビーシック家具にペイントできるんです!

シャビーシックの魅力

新品ではなく、敢えての「使い込み風」。
シンプルな壁紙の家ならだいたいマッチします。
質感の違う家具がいろいろ置いてあるよりはシャビーシックなペイントで塗り替えて統一する方がダンゼン良い!

神アイテム「ワセリン」

ワセリンの使い道って、肌に塗るだけではありません! 実はいろんな使い道があり、海外では「ワセリンを使った〇〇」が多いのです!

エッジ部分を中心にちょんちょんっと塗る

指先にワセリンをとって塗ります。
全体ではなく、ところどころに塗る感じ。
特にエッジ部分に領域多く塗るとシャビーシックな感じが上手く出ます。

ペンキを塗れば、あら不思議

続けて、お好みの色のペンキを塗ります。
ここでは西海岸なマリンインテリアなので、白でシャビーシックを作ります。
すると! ワセリンを塗った部分が自然に剥げます。

超簡単!

いかがでしょうか? こんな風にシャッター板をペイントして並べて掛けてみたり。
ちょっと秋の季節ににさしかかった、冷たい風が吹く海辺のコテージな雰囲気が出ますね!
ロープの置物も、ささっと大きなグラスベースに入れて作ってみるとか。
次のページを読む
1 2
Share: