DIY

かわいいウサギの耳つき椅子♡SANAA×マルニ木工の『ラビットチェア』

ぴょこんとしたウサギの耳が可愛い『ラビットチェア』を見たことがありますか?妹島和世さんと西沢立衛さんからなる世界的な建築家ユニット「SANAA」と、日本の木工家具を代表する「マルニ木工」がコラボした椅子です!高い曲げ木のクオリティを感じさせないシンプルなデザインで、大人も子供も関係なくあるだけで優しい気持ちになれるチェア。キッズ用インテリアとしても大人気♪美術館にも置かれる名作椅子をご紹介します!

色とりどりのうさぎのイス!

色とりどりのウサギたちがぴょんぴょん跳ねているかのような姿が可愛いデザインの椅子! 見ているだけで元気な気分になりますね♪ こちらは『ラビットチェア』という椅子で、近年生まれた名作椅子のひとつです。

実は左右不対称な耳のかたちがこだわり

正面からよく見ると、実は左右の耳のかたちがいびつで、不対称となっています。
フリーハンドで描いたドローイングのような形が、シンプルな椅子に人の手が入ったぬくもりを感じさせます。

アバンギャルドな建築で有名なSANAAのデザイン!

こちらは日本の有名な建築家ユニット「SANAA」によるデザインチェア。
妹島和世さんと西沢立衛さんからなる世界的な建築家ユニットで、国内外の重要な建築をデザインしています。
2010年には妹島さんは世界で2人目、日本では初めて「建築界のノーベル賞」とも呼ばれるプリツカー賞を獲った女性となりました。
有機的で実験的な建築物で知られており、ローザンヌ連邦工科大学ラーニングセンターは波打った天井、穴の開いた奇抜なデザインで話題に!
日本国内では金沢21世紀美術館のデザインで有名です。
この建築ひとつでイタリアのヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展の最高賞である金獅子賞、毎日芸術賞、日本建築学会賞作品賞を受賞しました。
円形で、どこから見ても正面になり、人々が行き交う建築物です。

木工界の騎手「マルニ木工」とのコラボチェア!

このラビットチェアはマルニ木工とSANAAがコラボレーションしたデザインチェア。
ミラノサローネ2005で発表された「nextmaruni」というシリーズの中の作品のひとつです。
各国の有名デザイナーが日本を代表するマルニ木工と、「日本の美意識」をコンセプトに新しいイスをデザインしました。
ラビットチェアはブナ材の合板を曲げて作られたシンプルなイスで、座面と背もたれが一体型のシンプルなつくりを高い木工技術で実現しています。
さて、「nextmaruni」の他の椅子と並べてみると、ラビットチェアだけ浮いてる…?

唐突なまでに可愛い…

芸術的な建築家SANAAとマルニ木工という、夢のコラボから生まれた椅子なのに、小鳥の人形が似合ってしまうほどの可愛さ。
デザインチェアとしての威厳がいい意味で感じられず、身近な存在感を放っています。

並べるともっと可愛い…

ずらっと並べると壮観です。
SANAAの設計した金沢21世紀美術館の壁沿いに並べられており、ちょっとしたシャッタースポットとして人気です♪
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
CRASIA編集部