DIY

オシャレで安全な間接照明!100均のLEDキャンドルライトの活用法と6のアレンジ

ろうそくの明かりを見ていると、心が落ち着いて癒されます。しかし火を使うので、目が離せないところがネックですよね。「LEDキャンドルライト」は、電池式で火を使わないキャンドルなので、危険が伴いません。付けたままうたた寝してしまっても大丈夫です。しかも100均グッズなので、お値段も100円+税と、とってもお得!DIYにも活用できる便利グッズです。LEDキャンドルライトの活用術をご紹介します!

1.癒されるキャンドル!でも火がちょっと怖い…

image by iStockphoto

キャンドルの温かみのある光は、明るすぎなくて癒されますよね。
日常空間を簡単に幻想的な空間に演出することができます。
でも、火を使うので目を離すのがちょっと怖い。
特に小さなお子さんのいるご家庭では、なかなかキャンドルの火が灯しにくい。
そんな場合は、このアイテムがおすすめです!

2.100均の【LEDキャンドルライト】がオススメ!

image by iStockphoto

100円ショップで売っている「LEDキャンドルライト」なら、電池式なのでオススメ!火を使わないので、安全に明かりが楽しめます。
小さなキャンドル型のものから、ろうそく型のものまで、形も様々にありますよ。

少しお値段が張りますがタイマー式で自動的に電源が切れるものも販売されています。

2-1:キャンドルホルダーに入れて

キャンドルホルダーに入れると、この通り! 普通のキャンドルと見間違えるほどです。
熱も発しにくいので安心して使うことができますね。
普通のキャンドルでは入れることができない容器にも入れることができますよ。

普通のキャンドルよりも安心で、手軽に使うことができるのが便利ですよね。

3.デスクやテーブルでも安心

ものを動かすことも多いデスクの上でも、LEDキャンドルライトなら安全。
本の近くでも安心して置けますよ。
うっかりぶつかってしまっても大丈夫。
どこかに燃え移ってしまう心配だってありません。

4.ペットがいても安心♪

獣は炎を嫌うからといって安心はできません。
揺らめく火の動きに帰って興味をもってやけどをしてしまうなんてことも。
しかし、このLEDキャンドルなら、犬や猫のいるご家庭でも問題なし。
キャンドルの近くに寄ってきても、安心して見ていられます。
うっかりじゃれついてしまっても危なくないですね。

5.DIYにも使える!

100均グッズを使って、ランタン風にアレンジすることもできます!材料が簡単に集められるのでうれしいですね。
火を使わないので、空気の通りを気にしなくてもいいのが嬉しいですね。
アレンジの方法はアイデア次第。
活用法をご紹介していきます。

アレンジ1:小枝でアレンジ

小枝をボンドでつけて中にLEDキャンドルライトを入れると、ミニチュアキャンプファイヤーの出来上がり!フェイクグリーンやドライの苔などを組み合わせればよりリアルに。
小さめのガラスの容器に入れてから組み合わせると、光が分散して明るくなりますよ。
次のページを読む
1 2
Share: