DIY

自由研究にぴったり!熱で溶かす鮮やかな「クレヨンメルトアート」作品アイデア7選

クレヨンって、熱で溶けることをご存知ですか。いま海外では、その特徴を生かした「クレヨンメルトアート」が流行しているそうです。クレヨンそのままの鮮やかな発色が魅力のアートです。作り方はとても簡単で、溶かし方や色の選択によって、様々な表現が可能だとか。子供と一緒に作って、夏休みの自由研究の作品にするのもおすすめです。お部屋のインテリアにしても、インパクトがあるので、雰囲気をがらりと変えてくれると思います。そんなクレヨンメルトアートの作り方や、参考したいアイデアをいくつかご紹介します。

クレヨンを溶かして作るアート作品

image by iStockphoto

鮮やかな色彩が美しい「クレヨンメルトアート」。
海外では「melted crayon art」と呼ばれ、おしゃれなインテリアとして人気を呼んでいます。
作り方は、クレヨンを熱で溶かすというシンプルなもの。
アイデア次第で、自分だけのオリジナルアート作品が作れます。

クレヨンメルトアートの作り方

必要なものはクレヨン、キャンバス、ドライヤー、そしてグルーガンです。
クレヨンは、どんなカラーでも好きなものでOK。
全色使ってもいいですし、色味を揃えてもきれいですね。
クレヨンを垂らすためのキャンバスと、ドライヤーは家庭用のもので大丈夫です。
グルーガンは、クレヨンをキャンバスに貼り付ける場合に使います。

作り方の手順は、まずキャンバスにグルーガンを使ってクレヨンを貼り付けます。
どうやって並べるかは、作品のイメージに合わせて考えます。
次に、ドライヤーの熱でクレヨンを溶かします。
クレヨンがトロトロ溶け出しきたら、作品に仕上げていきます。
作業中は、床に新聞紙などを敷いて、汚れないようにします。
作り方の手順は、こちらの動画でも紹介されています。
参考にしてみてください。

アイデアその1:グラデーションにする

少しずつ使う色を変えた、グラデーションが美しいキャンバス作品。
ドライヤーの熱を当てる時間によって、クレヨンのラインの太さが変わるので、変化をつけて楽しむこともできます。
できあがったキャンバスを逆さにすると、また違った雰囲気になります。
白い壁に飾ると、クレヨンの鮮やかさが際立って、印象的なインテリアになります。

アイデアその2:クレヨンの並べ方を工夫する

クレヨンの並べ方を工夫すると、面白い作品ができあがります。
ハートに並べてみたり、ギターのかたちに並べてみたりするとインパクトのあるアートになります。
次のページを読む
1 2 3
Share: