DIY

洗濯後のお悩みあるある☆ボックスカバーのミラクルきれいなたたみ方!

寝具の洗濯頻度は、世界中を見ても日本は一番低いのだそうです。海外は、ほぼ2回に1度の割合で選択するのが当たり前なのだとか!寝具の洗濯は、マットレスカバーにボックスカバー、掛けシーツなどなどとかなりの量があり、しかも大きいから毎度たたむのも大変!そこはたたむのに慣れている海外の人達に見習いましょう!特にボックスカバーの形状は、きれいにたたむのにコツが必要!きれいにたたまないと収納できないですからね!

たたみにくいボックスカバー

ただの長方形のシーツならば、たたむのは簡単。
しかしこれがボックスシーツとなると…
なんせ、たたみにくい!! 「ボックス」ですから。
角の立体の部分をどう処理するかで、たたんだ後のコンパクト感が全く変わってきます。

ミラクルきれいなたたみ方

※動画内は英語ですが、見ているだけでもじゅうぶんわかります! ポイントは、角と角を重ね合わす事!

きれいにたたんでコンパクトに!

ベッドリネンをちゃんと組み合わせを考えている場合は、使用していない時に変に収納してしまうとどこにいっちゃったかわからなくなりますよね! だからこそちゃんとたたんで、わかりやすいようにしておきたい。

快適な睡眠を!

ベッドリネンのデザインをちゃんと考えていると、寝る時はとても気持ちの良いもの。
寝るだけだから別に~と言わず、ぜひオシャレな寝室のデコレーションを楽しんで下さいね!
Share: