投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

情報削除ガイドライン

CRASIAでは、配信記事によって権利を侵害されたと主張される方からの削除のお申し出を受け付けます。
当社では、侵害情報の配信防止措置については、プロバイダ責任制限法ガイドライン検討協議会が策定する各ガイドラインに準拠した取り扱いをしております。各ガイドラインの詳細については、プロバイダ責任制限法関連情報ウェブサイトをご参照ください。

1. 申立の受理

当社が提供する情報により、著作権、商標権、名誉・プライバシー権侵害等の権利侵害が生じている場合、権利を侵害されたと主張される方(以下 「申立者」)は、侵害されている権利の種類に応じて、以下の各書式にて、侵害情報の送信防止措置をご請求ください。

侵害された権利の種類 書式例 ※
名誉・プライバシー権 http://www.isplaw.jp/p_form.pdf
著作権 http://www.isplaw.jp/c_form.pdf
商標権 http://www.isplaw.jp/t_form.pdf

※プロバイダ責任制限法関連情報ウェブサイトより

添付資料

1 本人確認資料
(1)個人の場合 身分証明書等(運転免許証等)のコピー
(2)法人の場合 代表者事項証明書等
2 委任状(代理人がある場合のみ。)
3 侵害情報の記載されているページの写し
(※その他、権利侵害の有無を判断するのに資する資料があれば、同封してください。)
(注)弁護士が代理人である場合には、上記1及び2は不要です。

送付先

〒106-0032 東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木4F
ブラニュー株式会社

2. 申立の処理

1 名誉権・プライバシー権侵害の場合
プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会が公表する、「プロバイダ責任制限法名誉毀損・プライバシー関係ガイドライン」に規定する手続に従って、対応致します。
2 著作権関係の場合
プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会が公表する、「プロバイダ責任制限法 著作権関係ガイドライン」に規定する手続 に従って、対応致します。
3 商標権の場合
プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会が公表する、「プロバイダ責任制限法商標権関係ガイドライン」に規定する手続に従って、対応致します。
4 その他の権利の場合
個別に対応致しますので、当社までご相談ください。

3. 発信者情報の開示に関する手続について

CRASIAでは、すべての配信記事に、配信元の連絡先を記載しております。したがいまして、原則としてプロバイダ責任制限法に基づく発信者情報の開示手続は行っておりません。
明白な権利侵害が生じており、かつ、配信元企業に連絡が取れないなど、特別な事情のある場合には、当社までご相談ください。