投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • 日々の暮らしやギフトにも最適◎贅沢な無添加ジャムで旬の味

日々の暮らしやギフトにも最適◎贅沢な無添加ジャムで旬の味

果物にこだわり、保存料を使わず自然なうまみを引き出した無添加ジャムが大人気。ギフトとしてもオススメのジャムや、手作りにTRYしたい方には、加水やペクチン剤を一切使用せず、果実が持つ水分のみでジャムに仕上げるレシピをご紹介いたします。旬の野菜や果実で、季節を感じながら食卓を彩りましょう♪

無添加って?

本来、ジャムは果物の中のペクチンと呼ばれる食物繊維が糖分を煮詰めると、果実の中の酸との作用でゲル化(ゼリー状)になったモノ。しかし、これが糖度が低かったり果物の量を減らしたりして作っていると、添加物で補わないとジャムとしての姿になりません。低糖で、長く保存したい場合には、脱気殺菌と倒立放冷で無添加ジャムを作る方法もあります。保存料などを使用しない自然の旨味が溢れるジャムで、日々の暮らしを彩りましょう♪

脱気殺菌と倒立放冷

①熱湯消毒した瓶にジャムを入れる。②軽くフタをしたジャムビンを蒸気の上がった蒸し器に入れ、15~20分程度加熱する。(なべにお湯を沸かして煮立ててもいいです。瓶の半分くらいのお湯の量で)(内容物も100度になっていることが大切です)③フタをキュッと閉め、ビンを逆さにします。④30分間、ビンを逆さにしておき、ビンの中に残っている耐熱性の微生物もやっつけます。⑤倒立放冷が終わったら、ビンを水に浸けてジャムの温度を下げます。⑥ジャムは冷暗所に保存して下さい。フタを開けなければ、腐敗することはありませんが、温度の高いところや明るいところに長くおくと、ジャムの糖、酸、ペクチン、色素などが化学反応をおこし、水分が分離してきます。また、香りも悪くなってきます。

きんもくせいジャム

NPO法人南アルプス・ファームフィールドトリップは、農産物の付加価値向上と地域農業の活性化のための活動の一環として、ジャムやお菓子などの農産加工品を作っています。直販ショップ「カーサ・デラ・マルメラータ」は現在ネット店舗のみOPEN中。ここで購入できる、今年の新花で製造開始された、ほのかな金木犀の甘い香りがやさしい味のジュレジャムが大人気。人工の着色料などを一切使用していない美しいジャムはギフトとしても高評価。小さじ1~2杯をお湯に溶いて金木犀茶、紅茶に溶いてロシアンティー、カクテルやサイダーに入れても素敵。ヨーグルトやチーズケーキ、杏仁豆腐に花を散らしても美しく、様々な工夫でお楽しみいただけます。

無添加ジャム&ディップ

株式会社セルフィユのナチュラル瓶詰食品ブランド「セルフィユ軽井沢」が無添加ジャム&ディップ「セルフィユベジキッズ」シリーズを発売。普段の生活では摂りづらい栄養素を楽しく美味しく食べられる無添加のジャム&ディップ。野菜嫌いのお子様でも食べやすく、100%無添加の食と健康にこだわった栄養満点アイテムです。バナナと枝豆のミルクジャムはパンケーキに合わせてクリーム代わりに使用したり、赤い野菜といちごのジャムはヨーグルトと一緒に。ほうれん草とひよこ豆のカレーソースはお肉やお魚料理のソースとして美味しく食べられます♪

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング