投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • 100均の木製雑貨が大変身!はんだごてを使った焼印風リメイク術♪

100均の木製雑貨が大変身!はんだごてを使った焼印風リメイク術♪

木材やコルクに刻印されたオシャレな文字やイラストを再現したいと思っても、「焼印なんて作れないし……」とあきらめていませんか?あの「はんだごて」を使えば、自宅でも焼印風のアレンジが手軽にできるんです。100均などにも売っている木製食器やコルク雑貨に焼印風のアレンジを加えれば安っぽさもなくなって、一気にインテリアの主役になること間違いなし!今回はそんなはんだごてに注目してみました!

はんだごてってアレだよね?

こて先が高温になるはんだごては、本来は電気回路基板などでのはんだ付けに使われる道具ですが、木製雑貨と組み合わせることで焼印風リメイクもできちゃうんです!

手順はとっても簡単!

木製雑貨にエンピツなどで描きたい文字や模様を下書きし、電源を入れて熱したはんだごてでなぞるだけと、手順はとっても簡単です。
気を付けなければならないのが、安価なはんだごてだとスイッチの類がないので、コンセントに挿したら勝手に熱くなります。ヤケドに注意してください!

木製スプーンに文字を描く

100均でも目にするようになってきた木製スプーンですが、なんだかちょっと味気ない…。そんなときははんだごてでアレンジを加えてみましょう!素材を焼いて文字を描くので、マジックペンなどではできないことができちゃいます!

木製コースターに一工夫

平面の面積が多い木製コースターは自由にできる範囲が多いので腕の見せどころ。文字はもちろんのこと、イラストにもチャレンジしてみてください!
エンピツと違ってこて先近くを持てないので、ちょっとコツがいりますが、慣れればより精密な絵だって描くことができます。

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング