投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • 人気のマリメッコでも一押しの柄!『ヴィヒキルース』を生活に取り入れよ♪

人気のマリメッコでも一押しの柄!『ヴィヒキルース』を生活に取り入れよ♪

北欧フィンランド生まれの大きな花柄のテキスタイルパターンで有名なブランド「marimekko(マリメッコ)」。真っ赤なけしの花「ウニッコ」柄が有名ですが、可憐なバラがデザインされた【Vihkiruusu(ヴィヒキルース)】柄をご存知ですか?大人女子の心をつかんで離さない可愛い模様を、身近なインテリアにリメイクするのが密かに人気なんですよ♪ 飽きのこないヴィヒキルースの取り入れ方をご紹介します♡

個性的で可憐なバラ柄【Vihkiruusu(ヴィヒキルース)】

白と黄色の大きな花弁と、葉や茎までデザインされた一本の花が並んだテキスタイルデザイン。

個性的なのにエレガンスささえ感じる柄は『Vihkiruusu(ヴィヒキルース)』と呼ばれる有名な花柄です。

こちらはマイヤ・イソラが1964年にデザインした"田舎の薔薇"という意味の「maalaisruusu(マーライスルース)」を、娘のクリスティーナ・イソラがリデザインしたもの。

北欧生まれの大人気テキスタイルパターンを生み出す「マリメッコ」の中でも、大人の女性に大人気のクラシカルな模様です!

「marimekko」ってどんなブランド?

北欧フィンランド生まれの世界的ファブリックブランド「marimekko(マリメッコ)」。

1951年の創立以来、女の子に大人気のテキスタイルパターンを次々生み出し、その模様がプリントされたグッズは国や世代を超えて多くの人々に愛されています。

中でも大きくて真っ赤な花柄「ウニッコ」(けしの花)は、同ブランドを代表する特徴的なパターン。

二番手とも言える柄が、先ほどの『ヴィヒキルース』なのです。

この二つの柄をデザインしたのが「マイヤ・イソラ」!

「ヴィヒキルース」「ウニッコ」のふたつの柄をデザインしたのがMaija Isola(マイヤ・イソラ)。

1927年にフィンランドのリヒマキに生まれた彼女は、マリメッコ社で38年間、計500を超える作品を発表し続けた伝説的なデザイナーです。

身の回りのあらゆる景色や世界中の旅からインスピレーションを受け、女性的で豊かなパターンを次々と生み出しました。

ヴィヒキルース柄のラテマグは即完売するほど人気のアイテム!

大人気のヴィヒキルース柄ですが、こちらの模様が入ったラテマグは、初めて発売されたときには廃盤になるまで、入荷しては即完売を繰り返すほどの大人気アイテムでした。

2011年にリニューアルして再発された今でも、すぐに売り切れになってしまうグッズです。

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング