投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • カラーボックスに目隠しを付けてオシャレに変身させちゃおう!

カラーボックスに目隠しを付けてオシャレに変身させちゃおう!

棚のなかが見えているカラーボックスは雑多に見えがち。カラーボックス用の引き出しもあるけど、あまりデザインに幅がありません。そこで、「フタをする」というアイデアをもとに、自分好みの目隠しボードをDIYで作っちゃおう!

いろんな物を詰め込んだカラーボックスの見た目は…

本や雑誌、そのほかさまざまな雑貨を収納できるカラーボックスは使い勝手良好。しかし、フル活用していると、ちょっと見た目が…。そんなときは目隠しを付けて、オシャレなチェストに変身させちゃおう。
※使っているものはチェストですが、カラーボックスでも応用できます!

用意するものは?

■ファームボード
■お好みの布
■定規
■カッター
■グルーガンとグルースティック

まずは棚の面積を測定

まずはカラーボックスの収納口の大きさを測ります。このサイズで作っていきますが、高さから1cmほど引いた大きさで作らないとピッタリすぎて取りにくくなってしまうので注意!

ファームボードを開口部の大きさに切る

カッターでファームボードを切っていきます。曲がってしまうとかっこ悪くなってしまいますので、直角に切れるように工夫してください。

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング