投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • おしゃれなキッチン収納を100均すのこでDIY!野菜ストッカーの作り方

おしゃれなキッチン収納を100均すのこでDIY!野菜ストッカーの作り方

ものが多いキッチンには、台所とは別の独立した収納ラックが不可欠。常温で保存しておける野菜は、専用の「野菜ストッカー」に入れておくのがおすすめですよ。100円ショップで売っているすのこやアイアンバスケットを活用して、たったの数百円というプチプライスで野菜ストッカーを手作りしてみませんか?自分なりにアレンジして、オリジナルデザインの収納ラックをDIYしましょう♪ストッカーの作り方の手順をご紹介します。

「野菜ストッカー」をDIY!

お料理で使う食材は、意外と常温で保存できるものがほとんど。

野菜売り場で冷蔵のコーナーで売られていないものは、すべて室温保存でOKなのを知っていましたか?

お買い物した野菜たちを、専用の「野菜ストッカー」に収納すれば、冷蔵庫に入れる量も減ってスッキリとしますよ。

材料はこれ!

おしゃれな野菜ストッカーは、100円ショップで売っている商品を使って簡単に手作りできます。

材料は、すのこを2枚、ウッドサインボードなどの板、そして野菜を入れるバスケットがあればなおOK。

すのことウッドサインボードを組み立てよう

まず、すのことウッドボードを、電動ドリルを使って組み立てます。

ウッドボードは上下に最低2枚取り付けておけば、ラックの形が安定します。

これだけでも収納ラックとして十分使うことができますよ。

ワイヤーバスケットを用意!

さらに、ウッドボードにのる大きさのアイアンバスケットを用意します。

通気性のいいカゴは、食材を衛生的に保存することができます。

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング