投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • 入れ方から飲んだ後の使い道まで!知って得するドリップバッグの豆知識♪

入れ方から飲んだ後の使い道まで!知って得するドリップバッグの豆知識♪

豆を挽いて丁寧に入れたレギュラーコーヒ―のおいしさを手軽に楽しめる「ドリップバッグコーヒー」が人気です♪でも、ドリップバッグコーヒーの本当においしい入れ方やドリップバッグに残ったコーヒー粉の活用法って実はそんなに知られてないんです!知らなかったら損をする、ドリップバッグコーヒーの魅力をお伝えします♪

ドリップバッグコーヒーはおいしいの?

お店で飲むレギュラーコーヒーのおいしさをどこでも気軽に楽しめるドリップバッグコーヒー。簡単だけど「コクがない」「香りが弱い」と思っていませんか?それってもしかしたら間違った入れ方をしているかもしれません。

今までおいしくないと思っていた人は、以下のポイントを押さえてもう一度入れてみてください。驚くほどおいしくなるはずですよ♪

お湯を沸騰させたら少し冷ます

今まで沸騰したお湯をすぐにドリップバッグに注いでいませんでしたか?沸かしたばかりの100℃前後のお湯を入れてしまうと香りが飛んでしまい、苦みや雑味が出やすくなるので注意が必要です。

コーヒーの適正な温度は約85℃~90℃。
沸騰したお湯を一度ポットやカップなどに移し替えると85℃ぐらいになりますよ♪

コーヒー豆を蒸らす

お湯は一気に注がず、円を描くように粉全体を湿らせる分だけ注ぎ、20秒ほど蒸らします。この”蒸らし”を行なうことでコーヒーの粉が開いて香りとコクが出やすくなるんです!

蒸らしたらお湯を適量入れて、すぐに取り出すのもポイント。こうすることで雑味のないクリアな味になります。

今までやってなかったという人は、ぜひ試してみてくださいね!

使い終わったコーヒーの粉ってどうしてた?

コーヒーを入れ終ったらそのままポイッと捨てられるのもドリップバッグの魅力ですが、使い終わったコーヒーの粉はいろんなことに使えるので捨てるのはもったいない!

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング