投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • 初心者も簡単でハマっちゃう▲生地を使った「刺し子」ふきんの作り方△

初心者も簡単でハマっちゃう▲生地を使った「刺し子」ふきんの作り方△

今大人気となっている刺し子。生地の補強などに用いられる方法で貴重な布を大切に使おうという日本の伝統民芸です。海外でも、この手法の似たパッチワークキルトがあります。どちらも一針一針丁寧に作業して完成させ、温もりを感じるアイテム。今回はそんな刺し子の作り方やデザイン図案など、魅力をたっぷりお届けします!

はじめに

初心者の方でも簡単に楽しめるように、今では刺し子キットも販売されています。
初めては分からない事だらけだと思うので、まずはキットからスタートするのがオススメです!
また、キットには図案がプリント済みの布がついていることもありますよ♪

作り方

刺し始めは外周の角の部分からはじめます。2枚重ねた布の裏から刺し、図案にそって進めるだけです。
糸のつなぎは、裏側で玉止めをして、次の糸も玉止めから始めます。
模様の刺し順は、なるべく一筆書きでなぞれるような順で縫うと、仕上がりが綺麗になるのでおすすめです。
斜めや曲線部分では、あまり強くしごき過ぎないように注意しましょう。

デザイン種類

刺し子には様々な図案があり、今では無料の図案サイトもあるようです。
ワンポイントのようなデザインから、古典的なもの、人気の北欧風にアレンジされたものまで幅広いデザインのものがあるので図案探しも楽しいですよ。
作りたいイメージと、ステッチの数や曲線の有無など、レベルに合わせたデザインをチョイスするようにしましょう!

図面写しについて

キットなどではなく、自由に刺し子を楽しむ場合には、お好きな柄を布に写していく作業が必要となります。

必要な材料
①図案
②チャコシート
③チャコ用ペン
④大き目定規(布より大きいサイズがGOOD)

はじめに図面と布を固定してから始めます。1番上に図面、その下にチャコシート、その下が布になるように重ねておきましょう。
作業は図面の線の上をチャコペンでなぞっていきます。
出来上がったら、表布と裏布を合わせて仮縫いしておきます。
これで最初の準備が完了です。

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング