投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • レシピ
  • もこもこフェルトがおしゃれで可愛い♡お金がたまる子ブタの貯金袋の作り方

もこもこフェルトがおしゃれで可愛い♡お金がたまる子ブタの貯金袋の作り方

貯金箱といえば、陶器でできたクラシックな子ブタの貯金箱が有名。伝統的な子ブタをモチーフにした、フェルト製の貯金袋を手作りしてみませんか?フェルト素材なので、簡単な手芸さえできれば誰でも簡単に手作りすることができますよ♪また、お金を取り出す時に割る必要がないので、破片が飛び散ることもなく安全です。スリムなので引き出し収納もラクチン。可愛い北欧風インテリアとして飾って楽しむこともできます。

用意するもの

材料

フェルト
2枚

工具

針と糸
チャコペン
1本
ハサミ
1本

フェルトで子ブタの貯金袋を手作りしよう

イギリスでは、余ったコインを身近にある赤い陶土(pygg)の陶器の壷に蓄えることがあり、これをピギー銀行 (pygg bank) と呼ぶ習慣があります。

「子ブタ」を意味するpiggyと字面と発音が似ているため、子ブタのデザインの貯金箱が出回るようになりました。

そんな伝統的な子ブタをモチーフにした、フェルト製の貯金袋を手作りしませんか?

簡単な手芸ができれば、たったの数十分で手作りできますよ。

型紙はこちら

貯金袋を作る際に、子ブタの輪郭線が必要になります。

子ブタの絵を描くのが苦手な人は、こちらの輪郭を印刷して使ってくださいね。

小さく印刷すればポケットサイズに、大きく印刷すればたくさんお金を貯められるラージサイズになります。

子ブタの貯金袋の作り方①:フェルトに下書きをして切り抜く

まず、チャコペンを使ってフェルトに子ブタの輪郭を描きます。

輪郭線に沿って、ハサミでフェルトを切り取ります。

子ブタの貯金袋の作り方②:コインの入れ口のまわりを縫う

コインを入れる部分がほつれないように、刺繍糸でまわりを縫います。

このとき、500円玉が入るかどうか、サイズを確認してから縫い始めましょう。

PICKUP
RANKING

レシピのデイリーランキング

レシピの週間ランキング

レシピの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

レシピのデイリーランキング

レシピの週間ランキング

レシピの総合ランキング