投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • 壊れてもDIYで直す!覚えておきたいクロックスの修理方法♪

壊れてもDIYで直す!覚えておきたいクロックスの修理方法♪

お気に入りのクロックス(crocs)サンダルは長く履きたいですよね。さらっと履いて、おしゃれに決まるから大人も子供にも大人気。便利だからたくさん履いて、気づいたら壊れている。「捨てたくないなぁ」そんなアナタの悩みを解決します。DIY初心者さんでも、簡単にできる修理方法をまとめました。お家にある材料でできるから、試してみましょう。早速、チェックしていきましょう。

クロックスって?

アメリカ発のカジュアルシューズブランド。2002年の設立から、カラフルでクールなデザイン。軽い履き心地で爆発的に人気。デザインバリエーションやカラーも増えて、ぞくそくファンを増やしているんです。

クロックスって修理してくれるの?

クロックス直営店では、初期不良のみの対応で、使用劣化による製品の破損に対しては修理・交換を含むアフターサービスは行っていません。長く愛用した『クロックス』を履きたいなら、DIYで修理するのが良さそうです。

“リベット”を修理するには

クロックスのベルトをつないでいるワニマークの部分を“リベット”を呼び、壊れることが多いようです。
タイラップで繋げて、短くカットすればカンタンに修理できます。

“リベット”をキレイに直したい?

ワニマークの“リベット”が壊れてしまったら、手芸屋さんやAmazonでジーンズ用のボタンを用意しましょう。

(参考商品)
Clover ジーンズタック
価格: ¥ 540

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング