投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • 夏の風情を感じよう!日本の自然の風景に溶け込む「風鈴」のよさを再発見!

夏の風情を感じよう!日本の自然の風景に溶け込む「風鈴」のよさを再発見!

日本の夏の風景に、古くから溶け込む風鈴。チリンチリンと鈴がなるように響く音と、風に揺れる姿が、耳と目の両方で涼を感じさせてくれる存在。江戸風鈴や南部鉄器で作られた風鈴もあり、川崎大師では毎年風鈴市が開かれるなど、現代でも長く息づくプロダクト。電気を一切使わない風鈴のよさは年々見直されており、インテリアとしても取り入れられるような、オシャレなものもある。今回は、そんな風鈴の魅力をご紹介します!

風鈴は夏の風物詩のひとつ

チリンチリンと風がそよぐ度に音が鳴る風鈴(ふうりん)。

風の動きが目で見え、音で聞こえ、五感で涼を感じられる。

夏になると、日本の家屋の軒下などに吊り下げられる小型の鐘鈴で、俳句の世界では季語になるほど、日本の夏に欠かせない存在。

暑い夏をやり過ごす知恵だった

風鈴の音は、秋を知らせるスズムシの虫の声とも似ていると言われている。

冷房のなかった時代にむしむしとした湿気の多い夏をやり過ごすための知恵で、風鈴の音を聞いて涼しさの風情を感じていました。

風鈴の歴史

出典: ganref.jp

実は、民家の軒先に吊るす風鈴がいつから存在するのかはっきりしていません。

ただし音のでる器物は、古くから人間の暮らしや精神活動に深く関わりがあります。

風鈴も例外ではなく、もともとのモデルは寺で相輪や堂の軒の四方に「風鐸」(ふうたく)。

風鐸は強い風が吹くとカランカランという鈍い音し、音が響く場所には流行病や悪い神の邪気除けすると考えられてきました。

気温湿度が上がり菌が繁殖しやすい夏の時期の魔除け道具、「暑気払い」のアイテムとして、一般にも広く定着していきました。

素材によって音色が変わる

・ガラス製・・・チリンチリンとした短い音

18世紀にオランダ経由でガラスの製法が日本に伝わると、19世紀にはガラス細工が盛んになった江戸で、ビイドロ製の吹きガラスで作られた江戸風鈴が流行。
そのほかにも琉球ガラス、諏訪ガラスなど作られます。


・金属製・・・リーンと長い音が響く

南部鉄器
大正期には岩手県の伝統工芸南部鉄器でできた南部風鈴が生まれた。

真鍮
富山県の伝統産業高岡銅器の高岡風鈴、
神奈川県の伝統工芸小田原鋳物の砂張製の小田原風鈴が有名。

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング