投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • お中元の時期。お返しっていつまで?お礼のマナーが知りたい!

お中元の時期。お返しっていつまで?お礼のマナーが知りたい!

夏の暑いころになると届くお中元。大人になると日ごろお世話になっている方から、夏のご挨拶として季節のお菓子やハムを詰めたお中元が届くようになりますよね。いただいて嬉しいお中元ですが、お中元の意味、お返しをする時期や、そのほかのマナーを知っていますか?大事な人からのせっかくの贈り物。なるべく失礼のないように応えたいものです。丁寧にお礼の気持ちを込めて、季節のご挨拶をしましょう。

お中元は、日ごろの感謝をこめた贈り物

社会人になったり結婚したりするとお中元を送ったり、届くようになったりしますよね。

お中元は基本的に、目下の人から目上の人に贈るものです。
例えば、離れている両親や親戚、仲人さんや会社の上司、恩師に向けて贈ります。

日頃のお礼や近況を伝えることがお中元の目的でもあります。

配送した荷物と同じころに届くように、近況を伝える手紙やはがきなどを投函していいでしょう。

なぜお中元を贈るようになったの?

もともと中元は三元(上元・中元・下中)のなかの一つで、旧暦では7月15日とされています。

もともとは中国の道教の行事で人間贖罪の日でしたが、のちに死者の罪が許されるようにと願う日になりました。
これが日本のお盆となり、目上の人やお世話になった人々に贈り物をする「お中元」という風習が生まれました。

関東と関西で時期が違う?

出典: hgjic.com

中元=お盆なので、お盆の時期が違うとお中元を贈る時期も違ってきます。

【お盆の時期】
・沖縄・奄美地方など・・・8月8日~9月6日頃
・東京・横浜・静岡旧市街地、函館、金沢旧市街地など・・・7月15日
・それ以外の全国・・・8月15日

関東地方は7月15日頃、関東を含むその他の地域では8月15日頃がお盆の目安となります。

とはいえ、最近は7月15日頃までにお中元を手配する人が多くなっています。
もし多くの方に一括で贈る場合は、7月15日に設定してしまっても失礼にはあたりません。

お中元のお返しはいつまで?

お中元が届くのは7月15日頃。
頂いたらマナーとして、なるべく間をおかずにお返事をしましょう。

実は贈られた側は、品物のお返しをしなくてはいけない、ということはありません。

贈ってくれた先方へ、電話やお礼状でお中元が届いたことと、感謝の気持ちが伝えられればいいのです。


もし品物を贈る場合は、7月15日以降になるので暑中お見舞いの時期は過ぎてしまい、残暑お見舞いのご挨拶となります。

できれば立秋(8月7~8日)までに贈れればいいのですが、感謝の気持ちがこもった贈り物は、いつ届いても嬉しいものだと思います。

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング