投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • レシピ
  • 赤ちゃんの安全を危険から守るファブリックベビーガードをDIYしよう!

赤ちゃんの安全を危険から守るファブリックベビーガードをDIYしよう!

ハイハイできるようになり、元気に動き回るようになった赤ちゃん。家の中に階段がある場合や、火の元や刃物など危険なものがいっぱいのキッチンから、赤ちゃんをとおせんぼするベビーゲートをDIYしましょう!階段上に転落防止の安全柵を柔らかなファブリック素材で手作りして設置すれば、ベビーフェンスに頭からぶつかってもケガをせず安心です。赤ちゃんの安全を守るセーフティゲートの作り方を動画つきでご紹介します!

用意するもの

材料

キルティング生地
ゲートを作りたい大きさ:1枚
バイアステープ
生地の長辺より60cm長いもの:2本
アイロンシーム(ヒートボンド)
1巻き
フック
4つ
コマンドタブ
4つ

工具

アイロン
ハサミ
裁縫道具

ファブリックベビーガードを作ろう

動き回る元気な赤ちゃん。階段から落下したり、危ない場所に入っていかないようにするベビーゲートを手作りしましょう。

赤ちゃんだけじゃなく、ペットのとおせんぼにも有効です☆

フェンスを立てる時は、このようにフックをサイドに引っ掛けて使います。

木製やプラスチック製のゲートと違ってかさばらず、変わった形の入り口も、隅までしっかりガードできます!

準備①厚手のキルティング生地を用意する

まずゲートを立てたいエリアの幅を測って、それよりも少し大きめのキルティング生地を用意します。

準備②バイアステープとヒートボンドを用意する

アイロンの熱でくっつくテープ(アイロンシーム(ヒートボンド))を用意します。
こちらはミシンで縫い付けることで代用することもできます。

また、生地の四隅に縫い付けると輪っかになる「バイアステープ」という織り方がななめになったテープを用意してください。

両方とも手芸屋さんで売っています!

PICKUP
RANKING

レシピのデイリーランキング

レシピの週間ランキング

レシピの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

レシピのデイリーランキング

レシピの週間ランキング

レシピの総合ランキング