投稿が完了しました。

投稿に失敗しました。

  • ホーム
  • まとめ
  • お弁当派は要注意!100均の保冷剤を正しく使って食中毒を防ごう

お弁当派は要注意!100均の保冷剤を正しく使って食中毒を防ごう

梅雨明けしてから、楽しみなのが夏のレジャーですよね。夏ならではのイベント。海、山、BBQ、フェス。出かける予定があるのなら、保冷剤の準備は大丈夫ですか?せっかく楽しみにしていたのに、気付いたらお腹の調子が悪い!?それは、食中毒かもしれないんです。そうなる前に、しっかり保冷剤を使って予防をしておきましょう♪早速、チェックです。

保冷剤って?

これは、ダイソーで買える「保冷剤」です。こんなに可愛いなら、どこに連れて行っても恥ずかしくない!だから、ちゃんと対策して夏を楽しみましょう♪

どうして保冷剤が必要なの?

海に出かける、登山に行く、BBQ。食べ物を運ぶ機会が増えます。
普段は、食材は冷蔵庫で保存して、調理して、食べていると思います。調理して、レジャーに持っていくお弁当。

火を通したから、パンだから、大丈夫。

それ!違います。この夏の炎天下で、ジリジリと温度も上がり、発酵しやすい状態で、放置は危ないんです。

保冷剤の数もポイント

持ち運びの状況にもよりますが、1つの保冷剤で2時間程度。そこにクーラーボックスを足したり、数を増やしたりして、調整してください。

例えば、ハイキングに行くなら、お弁当の時間で調整しましょう。

効果的な使い方は

保冷剤は、お弁当の上に置くといいですよ。冷たい空気は、上から下に流れていくので、これが正解!

PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング

RECOMMEND
PICKUP
RANKING

まとめのデイリーランキング

まとめの週間ランキング

まとめの総合ランキング